食堂みやむら(新潟県新発田市大手町) 新発田名物の【もつラーメン】!これは”もつ”が苦手な人でも食べられる!

主夫のぽぽ(@carp0p0)です。

昨日に引き続き新発田市です。あ、正確にいうと昨日のは聖籠町ですけど。

今回新発田市に行くにあたってせっかくだからそこでしか食べられないようなものを食べようと色々調べてみました。

と言ってもこれまでもコスパ抜群の洋食屋や有名なメンチカツなど新発田市ならではのものを食べてはいるんですけどね。

んで、今回はジャンボ餃子に標準を絞ったんです。

標準を絞ってステップアップしたぁぁい。そう祈って眠るだけだったんです。

なのに目当てのお店がこの日は定休日。がっくりしているところに現れてきたのがこの文字。

GR007994

何?新発田名物だと!?ありえない!もつラーメンなんて聞いたことなかった。なんたる失態、そしてリサーチ不足も甚だしい!何が地域ブログだ!新潟の良いところを発信するだと?聞いて呆れる、ちゃんちゃらおかしいね!

なんて自分を責めることは全くなく、すんなりと早速お店に入るのでした。

【食堂みやむら】を紹介します。

広告



食堂みやむら 新潟県新発田市大手町

お店の場所はこちら。

調べてみると【みやむら食堂】と表記しているところもあったりして、その辺のファジーなところも良い感じだなぁなんて思いながら。

GR007993

趣のあるお店の玄関をくぐります。

と、ここでちょっと待ったー!

おーっと出ました『ちょっと待ったコーール!』

若い人にはわからないだろうな…苦笑

GR008007

駐車場の位置を確認しましょう。

GR007992

お店の前にも停められますが、少し離れた場所に割とゆったりした駐車場がありますのでこちらでも良いかと。

スクリーンショット 2017 09 29 9 43 51

さてさて、暖簾をくぐって店内へ。

まず目につくのがサインが書かれた色紙の数々。

有名店である証ですね。

GR008006

メニューがこちら。

基本的にはもつラーメンにチャーハンなりライスなりを合わせたセットメニューになっていますが、もちろんラーメン単品でも注文可能です。

僕はこの日はモーニングも食べちゃってたので、少し控えめに【もつラーメン】を単品で注文。

GR008005

最初に言いましたが、全く知識なく来店したもので、もつラーメンがどんなビジュアル?ベースが味噌なのか豚骨なの?なんて疑問符だらけでしたが、運ばれてきたものを見て若干驚きを覚えました。

それがこちら。

GR007995

ん?なんかあっさり?もつ?

GR007996

表面に浮いているこれが”もつ”のようです。

本当に勝手なイメージですけど、もっとこってりな感じなのかなと思っていました。

スープはご覧の通り、琥珀色の透き通ったもの。

GR008001

麺は若干縮れている細めの麺。

GR008002

そして”もつ”と呼ばれているものをレンゲですくってみると

GR008004

これは”もつ”なのか?

ということでいただきました。

ぽぽ、食べた

先ずはスープ。

魚介系のあっさりスープです。昔ながらの新潟のラーメンに近い味かなと。

麺はどちらかといえば柔らかめ。

そして肝心の”もつ”ですが…これはいわゆる”もつ”ではないと思われます。

でもどっさりと盛られているネギと相性抜群。

“もつ”っていうと内臓のお肉のイメージですが、これは普通に”肉”です。笑

この辺の真意(なぜ”もつ”と呼んでるの?とか)を聞くことはできませんでしたが…。

当然ですが内臓特有の臭みもなく…あ、内臓じゃないので当然ですね。内臓じゃないぞう。

こんなどうでもいいことを言っちゃうほどびっくりしたわけですが、確かにこれは新発田じゃないと味わえないものですね。

他では食べたことがない。

ということで、何を食べたのかよくわからない感じで肩透かしをくらった感はありましたが、美味であることは間違いないです。

“もつ”が苦手な人でも食べられるであろう【もつラーメン】でした。

ごちそうさまでした!

ということで今回はこの辺で!

この記事が気に入ったら『いいね!』をお願いします。
役立つ情報をお届けします。

Twitter で



広告