広島人の憩いのお店【ちから】の蕎麦はこれで良いのだ!

主夫のぽぽ(@carp0p0)です。

土曜の夕方、皆さんは何をして過ごすことが多いですか?

僕は飲みながら人生の楽園を観ています。

なんだか観ちゃうあの番組ですが、ぽぽ調べでは2回に1回は蕎麦を打っている男の人が出ています。

そう、あれを観ると蕎麦が食べたくなるんです。

でもね、広島って蕎麦屋がほとんど無いんですよ。いくら蕎麦と言ってもそこで食べたいのはお好み焼きの蕎麦じゃないんですよね。

で、「そうだ!”ちから”に行こう!」と。

広島のソウルフード【ちから】

広島人のソウルフード、心のふるさと、地元の味、と言えばまさに【ちから】です。

埼玉に山田うどんがあるように、新潟にみかづきやフレンドがあるように、広島には【ちから】があるわけです。

以前にもこのブログでも紹介したことはあります。その時は中華そばでした。一番人気はうどんです。蕎麦は年末になると年越し蕎麦としても人気があります。

IMG 1286

家族4人で行きました。

僕以外は皆、中華そばです。そうです、中華そばが美味いって知ってるからです。でも良いのです。僕は蕎麦が食べたいのです。

IMG 1287

中華そばをパシャリと。

IMG 1288

そこからの天ぷら蕎麦がこちら。

IMG 1289

IMG 1290

ということでいただきました。

ぽぽ、食べた

そりゃ本格的な蕎麦には劣ります。

そんなものを僕は求めて訪れたわけではありません。だから良いのです。良い意味でチープなのです。

天ぷらには小海老が入ってます。ですが、ほぼ”衣”です。この日は寒かったですからね、小海老もさぞかし寒かろうとたくさん着せてあげたのでしょう。優しさがにじみ出ています。

ちからの蕎麦はこれで良い!そう断った上で言います!

広島はうどん文化なので致し方ありませんが、なんだか美味しい蕎麦屋が近所にあれば大変嬉しいなと思った次第です。

ごちそうさまでした!

ということで今回はこの辺で!

この記事が気に入ったら『いいね!』をお願いします。
役立つ情報をお届けします。

Twitter で

この記事を書いた人

ぽぽ(片元 彰)

ぽぽ(片元 彰)

ぽぽ(片元 彰)

兼業主夫です。
NPO法人 ファザーリング・ジャパン中国代表。
時短家事コーディネーター。家事シェアコンサルタント。
夫婦関係を良くするコンサルティングも行っています。
タスク管理の最強ツール、タスクシュート時間術を実践中。
このブログでは僕自身が経験したこと、考えたことを書いています。

夫婦でYouTubeやってます。
夫婦でお送りするYouTubeはこちら
noteも書いています。
ぽぽのnoteはこちらから
YouTubeでは妻と夫婦関係について、
noteでは「時間管理」「タスク管理」をテーマに書いています。

広告