ラーメン食堂(広島市安佐南区上安) オーソドックスだけど確かな仕事のラーメン屋。麺が好き!

主夫のぽぽ(@carp0p0)です。

広島に帰ってきて1年半。

ラーメンを食べる機会がめっきり減りました。

新潟の時は隙あらばラーメン、というくらい食べてたような気がするんですよねー。

やっぱ美味しかったんだよなー。もっと新潟は県をあげてラーメン文化を全国に知ってもらった方がいいっすよ、絶対。

まあ誰に言ってるのかさっぱりわかりませんが、とりあえず広島でもやっぱりラーメンは食べたいわけで。

なので、ずっと気になっていたお店に行ってみたわけです。

その名も「ラーメン食堂」。

そのまんますぎて東国原なんですが、まあとりあえずお店の中に入ってみましょう。

ラーメン食堂(広島市安佐南区上安)

お店の場所はこちら。

いわゆる旧道沿いの安小学校近くにあるこちらのお店、外観から雰囲気は食堂の名に相応しい感じ。

IMG 9244

店内はカウンター席と小上がりがあり、子供連れでも来店できそうな感じです。

メニューを確認しますが、お店の名前の通り、中心はやはりラーメンです。

IMG 9220

豚骨、鶏ガラ、和風だしと種類も多く、いろんな好みに答えてくれそう。確かにこのバラエティ豊富な感じがラーメン屋ではなくてラーメン”食堂”という名前に相応しい感じがします。

IMG 9221

ランチ時はセットがあります。ということで僕は「豚骨醤油ラーメン+Bランチ」を注文することに。新潟でいう「ラーチャン」ってやつですね。

運ばれてきたのがこちら。

IMG 9243

見た目はオーソドックスな豚骨醤油ラーメンと、

IMG 9242

ミニチャーハン。これくらいの量がちょうど良いですねー。

IMG 9241

ということでいただきました。

ぽぽ、食べた

オーソドックスな見た目とは裏腹に…と言いたいところですが、ここはシンプルな豚骨醤油ラーメンでした。まさにど真ん中な感じ。

これを嫌いという人は豚骨醤油ラーメン自体を嫌いな人だろうなというくらい大人も子どももおじいちゃんもおばあちゃんも食べやすい味に仕上がっています。

んで、僕はここの麺が好きでした。

中細のストレートなんですが、茹で具合なのかそれとも麺のそもそものポテンシャルなのか、その両方なのか、まあとにかく喉越し、噛みごたえが僕の好みドンピシャという感じで。

セットのチャーハンは刻んだしば漬けが入っています。あっさりしたその味はまさにラーメンの引き立て役というか、ラーメンについてくるチャーハンとしては優等生な感じです。

昔からこの辺はよく通っていたのにいつの間にこんなお店できてたの?って感じでしたが、思わぬところでラーメンの美味しい店を見つけられて、幸せな気分で家路に着きましたとさ。

ごちそうさまでした。

ということで今回はこの辺で!

この記事が気に入ったら『いいね!』をお願いします。
役立つ情報をお届けします。

Twitter で

この記事を書いた人

ぽぽ(片元 彰)

ぽぽ(片元 彰)

主夫です。(専業ではありません)
タスク管理の最強ツール、タスクシュート時間術を実践中。
NPO法人の理事として企業の働き方改革のお手伝いやセミナー、コンサルタントとして主に子育て中のママやパパの時間管理、タスク管理の相談に乗っています。
このブログでは好きなこと、好きな考え方などを自由に書いています。

広告