ぶっかけうどんは香川と岡山(倉敷)で違うって知ってた?倉敷うどん ぶっかけふるいちに行ってみた!

主夫のぽぽ(@carp0p0)です。

何度もこのブログでも申し上げておりますように、うちの妻は香川県高松市出身です。

うどんの本場ですね。

その香川県と瀬戸大橋でつながっているのが岡山県。

その影響なのか、その岡山にも結構美味しいうどん屋さんがありましてですね。

僕は本州で一番美味しいと思ううどん屋さんは岡山県浅口市にある「たぐち」だったりします。

参照:手打ちうどん たぐち(岡山県浅口市) 僕が中国地方で一番美味しいと思ううどん屋を紹介します! – 主夫のぽぽさん

んで、僕今日まで全く知らなかったんですが、讃岐うどんのぶっかけと岡山県倉敷市で食べられるぶっかけうどんは違うものなんですね。

確かに味は違うなーと思ってたんですが、そもそもルーツが違うんですって。

勉強になるなーと思いながら、その倉敷発祥のぶっかけうどんを食べにこれまた発祥のお店、【倉敷うどん ぶっかけふるいち】に行きました。

倉敷うどん ぶっかけふるいち

今回訪れたお店の場所はこちら。

倉敷で生まれたぶっかけうどん。

その発祥のお店である【倉敷うどん ぶっかけふるいち】は岡山県内のみならず、大阪、高知などにも展開しています。

岡山駅の新幹線ホームにもお店があることや、この「ぶ」の文字が印象的で県外の方でも知っている方も多いかも。

残念ながら広島からはつい最近撤退してしまったみたいです。

IMG 3558

お店に入ります。

基本的には大手のセルフうどん屋さんと同じシステム。

やはりぶっかけうどんがメニューの中でも目立ってます。

IMG 3562

IMG 3561

今回は天ぷらなど付けずに純粋に「ぶっかけうどん」を味わうことにしました。

並盛りで490円は香川県で食べてると高い気がしますが、こんなものでしょう。

IMG 3563

こちらが「ぶっかけうどん」です。

刻み海苔、ねぎ、天かすにうずらの卵がデフォルトで生姜に関しては入れてもいいですか?と注文時に聞かれます。

という事でいただきます。

ぽぽ、食べた

甘めの出汁が僕は結構好みですね。

生姜もしっかり効いて甘いだけじゃなく引き締まった味になります。

うどん自体もツルツルの喉越し。コシもちょうどよく出汁とよく絡まってくれます。

やはり讃岐うどんのぶっかけとは違うものにはなりますが、これはこれで僕は結構好きで、うどん自体のレベルとしては高いと思うんですよねー。

んでね、最後に言いたいんですが、

ここの「かわはら」ってうどん屋さん、美味しいですから是非食べて欲しい。

こちらもぶっかけうどんが名物です。

豪雨災害で甚大な被害にあった倉敷市真備町にあるんですけど、僕、会社員時代あの辺も担当地区として営業してて。

よく昼ごはんに食べに行ってました。

今、真備には人がいないそうです。

お金を使うのも復興を支援する一つの手段です。

僕もいつかまたこちらの「かわはら」も行きたいと思います。

ごちそうさまでした。

という事で今回はこの辺で!

この記事が気に入ったら『いいね!』をお願いします。
役立つ情報をお届けします。

Twitter で

広告

この記事を書いた人

ぽぽ(片元 彰)

ぽぽ(片元 彰)

ぽぽ(片元 彰)

主夫やりながら働き方改革のコンサルティングをやりながら、NPO法人の理事やったりしてます。
「毎日の行動を1分単位で記録を取る」のが趣味です。
このブログでは好きなこと、好きな考え方などを自由に書いています。