カインズのストーンマーブルフライパンがコスパ抜群でとても使いやすいよ!

主夫のぽぽ(@carp0p0)です。

主夫と名乗りながら最近家事をあまりやっていない僕です。

妻には感謝感激雨嵐です。

TOKIO…ショックです。

そんなどうでもいいことから今日は家事ネタというか、キッチングッズネタ。

キッチングッズの中にも引越しを機に捨てたものがあります。

その中の一つがフライパン。

以前使っていたのは取っ手が取れるけど「取っ手が取れる〜♪」と歌わないやつでした。

購入当時は色々ネットで調べたんですが、コスパも良さそうということで。

それなりに使いましたが、焦げ付きも多くなってきたのと気になったものがあったので。

それが今回購入した「カインズ ストーンマーブルフライパン」です。

カインズ ストーンマーブルフライパン

カインズのマーブルコートフライパン

買いました。

広島にはレクトというショッピングモールがあり、そこに巨大なカインズが入っているのでそこにて。

まずこれを選んだ経緯から説明させてもらいますと、最初に気にし始めたのはCMで見かけたことからでした。

インパクトのあるビジュアルと取っ手の部分がウッド調になっているので、デザイン的にもなかなか良いと妻と話題になり。

んで、何と言ってもお値段。

カインズは決してお値段以上とは言いませんが、これは十分お値段以上なんじゃないのかと勝手に思ったわけです。

ただ当時は特にフライパンに困っているわけではなく、次買うならこれかなー、もしくはレミパンかなーなんて考えているだけでした。

そんな時にこんなイベントがありまして、

そこでこのストーンマーブルフライパンを持っているパパがいたわけです。

これは使用感を聞いてみねばなるまいとそのパパに近づき聞いてみると、一年くらい使ってるけど、焦げ付くことなくなかなか良いとのこと。

これは買い換えるべきだ、引越しの時に絶対!と考えたのでした。

28センチの炒め鍋を買いました。

カインズのマーブルコートフライパン

バリエーションとしてはその他にも。

20cm、26cmや卵焼き器も。

フライパンの蓋は付属していないので同じくカインズさんの立つフライパンカバーも購入。

カインズのマーブルコートフライパン

このウッド調の持ち手がなかなかシャレオツじゃないですか?

カインズのマーブルコートフライパン

ただここは焦げやすくなっているので注意。

カインズのマーブルコートフライパン

重さとしては770g。

カインズのマーブルコートフライパン

同じサイズのフライパンと比較してみても、かなり軽い!

ちなみに現在は取っ手が取れるシリーズも販売されています。

我が家は取っ手が取れないやつですけど、そちらがお好みの方はこちらからどうぞ。

ぽぽ、使ってみた

色々と炒めてみた使用感。

まだ新しいので当然かもしれませんが、具材が滑る!

当然焦げ付くようなことはなく、そうすると油を敷く量も減るのでよりヘルシーな料理を味わえます。

焦げ付かないので洗いやすさも抜群です。

これがお値段2980円ですから。

カインズさんもお値段以上って言っちゃっていいんじゃないかと思うレベルのコスパです。

これからどんどん使ってみないとわからない部分もありますが、第一印象としては高評価。

使い倒していきたいと思います。

ということで今回はこの辺で!

Posted from SLPRO Z

この記事が気に入ったら『いいね!』をお願いします。
役立つ情報をお届けします。

Twitter で

広告