割り勘アプリを比較したらKyashが一番楽チンな気がする。LINEpayやPaymoよりも。

主夫のぽぽ(@carp0p0)です。

先日のファザーリング全国フォーラム。

今回は広島開催ということで現地にいる僕も色々と運営のお手伝いをやらせてもらいましたが、仕事の中の一つとして、懇親会のセッティングというのがありました。

初日の夜に開催し、全国から広島に集まったファザーリングジャパンのメンバーや当日参加者、運営者の誰でも参加できる、まあ要するに飲み会です。

今回、参加してくれたのは50人強。

ということなので、会場探しやら色々やったわけなんですが、どうしようかなーと悩んだのが、お金のことでした。

できる限り事前集金したかったので、今回は最近流行りのいわゆる「割り勘アプリ(サービス)」を調べてみて使いやすそうなのを調べてみたわけです。

その中で僕が選んだのはKyashというサービス。

これがなかなか良いなーと。

KyashがPaymoやLINEpayよりも良いと思った点

ここ最近、この「割り勘アプリ(サービス)」という分野では「LINEpay」と「Paymo」、そして僕が今回使った「Kyash」の3つが代表的なようなので、これらについて調べてみたわけです。

そんな中でも「Kyash」が優れていると感じた点は、

本人確認などせずとも、簡単に誰にでも送金依頼が出来る

というこの一点かと。

でもこの一点があることが最も集金する側も送金する側もメリットになるんじゃないかなと思うんです。

何より、”楽”なんですよ。

LINEpayとKyashの比較

まずLINEpay。

LINEの圧倒的な地名度とユーザー数がありますし、便利なんじゃないかなーと最初はこれを使おうと思ってました。

ただですね、まずハードルが高いのが「LINEで友達になった人に送金が出来る」という点。

ということは、知名度とユーザー数が多いとは言ってもLINEで繋がっている人じゃないと送金できないんです。

最初から友人同士であればこのことについて問題になることは無いと思います。

ただ、今回の僕の場合は必ずしも友人では無い人も参加者の中にはいるわけで。

その人に送金してもらうためにLINEで友達になってください!というのは結構ハードル高くないですか?

あと、送金のためには本人確認書類の提出というのも必要になります。

ここも飲み会の入金だけのために?という気持ちになるんじゃないかなと。

PaymoとKyashの比較

もう一つの割り勘アプリ(サービス)、Paymo。

これは完全に割り勘に特化したものという性質上、請求する際に「レシートの撮影」が必須になります。

ということは、会合が終わった後に請求するということになってしまいます。

今回は全国から人が集まるのに、飲み会終わって請求するというのは想像がつかないし、そもそもコース料理と飲み放題で金額が決まっているのに、翌日請求するというのはおかしな話ですよね。

また、集金したお金はAnyPay対応をしているお店でしか使えません。

LINEpayはJCB加盟店、後ほど紹介しますが、KyashはVISA加盟店で使えるということを考えると、少し狭くなってしまいます。

じゃあ現金にすればいい!と考えるかもしれませんが、こちらは手数料がかかってしまうということで、そこも躊躇してしまいます。

Kyashはどこが良いの?デメリットは?

以上のライバル2つと比較してみたらKyashの良い点が浮かび上がってきました。

  • 本人確認書類が無くても誰にでも請求できる
  • レシート撮影なども無し。会費が決まっている場合には事前請求もできる。

特に今回の懇親会はコース料理のため金額が決まっており、当日ドタキャンされると困るのでできれば事前集金したいという場合には、結局Kyashが一番使いやすいんじゃないのかと。

あと、LINEで友達になるってのに抵抗があったり、そういう相手との割り勘じゃない場合もKyashが向いていると思います。

今回の懇親会参加メンバーってメールアドレスは知っていたり、Facebookで友達になっていてもLINEで連絡取ることとかほとんど無いんです。

あ、別に仲悪いとかうわべだけの付き合いとかじゃないですよ。笑

LINEがここまで広がる前に知り合った人が多いってだけです。

ただ、一点だけ注意してほしいのは、現金の引き出しです。これはKyashでは出来ません。

VISAカード加盟店で使えるKyashリアルカードを発行すれば多くのお店で使うことは出来そうですが、現金として手元に戻ってくるわけではないので、管理はきっちりやらないといけないですね。

IMG 3162

あとはお金の請求は誰にでも出来ますが、Kyashのアプリをダウンロードしないと送金までは行えないという点はやはり最大のネックになるのかも知れません。

ぽぽ、考えた

ということでざっと比較してみましたが、ベストなのはいろんな状況に応じて割り勘アプリを使い分けるということなんでしょうね。

それぞれ一長一短というところはありますから。

例えばLINEpayは気の知れた仲間同士でLINEでいつも連絡を取り合ってたりする場合は使いやすいと思います。

レシートの撮影ができる場合にはPaymoは良いと思います。アプリのダウンロード無しで支払いができるので。

Kyashは事前支払いをしてもらいたくて、LINEでは繋がっていない人が多い場合の集金には特に有効だと思います。

キャッシュレス、停電の時にはどうすんだ?なんて色々言われてますが、間違いなく世の中はこっちの方向に進んでますからね。

便利なサービスはどんどん使い倒していきたいです。

ということで今回はこの辺で!

この記事が気に入ったら『いいね!』をお願いします。
役立つ情報をお届けします。

Twitter で

広告