とんかつ太郎(新潟市中央区古町) 新潟タレかつ丼発祥の店でカツ丼を食らう!

主夫のぽぽ(@carp0p0)です。

子供達は夏休みですねー。

いかにして暇を潰すかを考えながら毎日を過ごしていますが、皆さんはいかがお過ごしですか?

因みに最近特にグルメネタが多いのは、子供の夏休み前に行きたいとこ行っとこう!と思ったからです、すみませんww

子供と一緒に外食ってなると好みも違ったりするし、そもそも彼らにどこ行きたいって聞くと『マック!サイゼリヤ!焼肉!寿司』しか無いし。笑

てことなんですが、よくよく考えると今日紹介するのは我が子が大好きなものでした。息子たちよスマン!

新潟タレかつ丼の元祖、【とんかつ太郎】に行ってきました!

広告



とんかつ太郎 新潟市中央区古町

お店の場所はこちら。

新潟って美味しいものが本当にたくさんあって…。

えっ?もうその言葉は聞き飽きた?お前が言うと胡散臭い?

まあね、それでも言い続けますよ!

新潟の名物、タレかつ丼!これが我が息子たちも大好物!

その元祖がこちらのお店なんです。

GR006992

この日は開店すぐの11:30にお店に入ったので、お客さんはほとんどいませんでしたが、お昼時になると結構お店の前で待っているお客さんを見かけます。

やはり人気店。

GR006993

入店します。

一階はカウンター、二階には座敷があって色んな世代で来られるお店です。

GR006994

新潟のタレかつ丼に関しては別のお店の紹介記事で書きましたが、メニューをご覧の通り、卵で閉じないやつです。

GR006995

注文するのは当然カツ丼なんですが、どれにするか…迷った時は基本に帰るということで【カツ丼(カツ5枚)】に!

基本が5枚って結構多いよな…なんて思いながら。

GR006996

こちらのお店ではお持ち帰りメニューも。

持って帰って一杯やりたい!

とかなんとか考えている間に、

GR006997

どーん!ときました。

GR006998

カツが重なってるww

なかなかの迫力!

GR006999

一枚一枚は薄め。

GR007000

衣も薄め。

GR007002

特筆すべきはこれですよ!ご飯です!

てことでいただきます!

ぽぽ、食べた

甘辛いタレにくぐらせた揚げたてのカツ、そのタレがかかったご飯、そのハーモニー、たまりませんな。

デフォルトがカツ5枚ということで、久々だけど食べられるのか?とビビってましたがなんの問題もありませんでした。

衣が薄くて軽いのでパクパクいけちゃいます。

で、やっぱりね、このタレかつ丼の美味しさを支えているのは白米なんですよ。

新潟の美味しいもののベースにはやはりこの『白いご飯』があるんです。

寿司だってネタが新鮮で美味しいのはもちろんですが、シャリの美味しさも間違いなくシナジーをもたらしています。

卵で閉じないカツ丼ってのはもしかすると、この白米を生かすために作られたんじゃないのかな?って思えてきます。

やっぱり新潟の食べ物は何食べても大抵美味い!

ということで今回はこの辺で!

通販でもとんかつ太郎が味わえますよー↓↓↓

この記事が気に入ったら『いいね!』をお願いします。
役立つ情報をお届けします。

Twitter で



広告