お母ちゃんの愛情弁当『新潟米膳』 冷めてもご飯が美味しい駅弁は新潟ならではの逸品!

主夫のぽぽ(@carp0p0)です。

先日の東京からの帰り、久々に新幹線を使いました。

晩御飯の時間帯だったので、駅弁でも買おうかと東京駅を散策していると見つけたのがこちら。

IMG 7439

東京駅なので全国で売られている様々な種類の駅弁が売られているんですが…目についちゃったんですよねぇ。笑

駅弁といえば、以前こんな記事も書きました。

この新潟の駅弁も相当美味だったので、今回も期待しながらいただくのでした。

広告



お母ちゃんの愛情弁当『新潟米膳』

今回、この駅弁が目についた理由はもう一つ、これなんです。

IMG 7440

知ってます?新潟ライスガールズ。

今をときめくNGT48とコラボしたりしている、要するに新潟の米農家の女性たちのユニットなんですが、メンバーの方と何度かお会いしたことがあるんです。

新潟市の男女共同参画に関する会議だったんですが、その時に農家における女性の立場などについてもお話を伺ったりもしました。

その時に駅弁の話も聞いたなぁなんて思い出したりもしたんです。

こちらが中身になります。

IMG 7441

何と言っても新潟ライスガールズが監修しているわけですからね。

期待したいのはご飯の味!

当然新潟県産のコシヒカリを使われていましたが、いつか新潟米「新之助 しんのすけ」の弁当も食べてみたいなぁなんて思いつつ。

IMG 7444

おかずはレンコンのはさみ揚げや筍シュウマイ、栗の甘露煮など、

IMG 7442

厚焼き玉子や白身魚のフライといった定番も入っていますが、南蛮海老の唐揚げ、焼鮭、にいがた和牛のしぐれ煮なんてのは、新潟ならではのものですよね。

IMG 7443

ということで早速いただきます!

ぽぽ、食べた

一口目はやっぱりお米をパクリといただいたんですが、これがやはりうまいなぁと。

冷めても美味しいってお米として最強だと思うんですよね。

ライスガールズの方々の愛情が伝わってくるようなおかずも一品一品がご飯に合うものとして考えられていると思います。

揚げ物や焼き物、それぞれが主張するというよりはお米の美味しさを引き立ててくれるという。

新潟にいるとご飯が美味しいってのが当たり前になってきてしまうんですが、他の土地で白米を食べると違いを実感できます。

早く新潟帰って米が食べたいなぁって気持ちになったりするんですが、新幹線の車中、新潟の地を踏む前に食べられるのは良いですね。

そして、この冷めても美味しい白米は新潟以外の人に食べてもらいたい!

ちょっとした感動があると思いますよ!

ごちそうさまでした!

ということで今回はこの辺で!

美味しいお米のお取り寄せはこちらから↓↓↓

新潟の美味しいお米をお取り寄せ

新潟産コシヒカリ専門店 いなほんぽ




この記事が気に入ったら『いいね!』をお願いします。
役立つ情報をお届けします。

Twitter で



広告