長岡 小嶋屋CoCoLo新潟店 へぎそばの名店は新潟駅改札すぐそばで観光客にも使い勝手抜群!

主夫のぽぽ(@carp0p0)です。

新潟名物のへぎそば。

県内にお店はいくつもありますが、観光で訪れた方はどのお店に行けば良いかというのはなかなか判断しにくいもの。

とりあえず駅ナカのお店に行ってみるか…なんてこともあるかもしれません。

今回紹介するのはそんな駅ナカにあるお店。

【長岡 小嶋屋CoCoLo新潟店】です。

広告



長岡 小嶋屋CoCoLo新潟店

お店の場所はこちら。

まあ地図で示すほどでもないんですけどね。

新潟駅の改札近く。駅ビルCoCoLoの中にあります。

改札近くというか本当に改札の目の前にあるので、新幹線に乗って帰る前、最後に新潟名物でも食べて帰るかなぁなんてことが可能です。

GR007059

こちらのお店、【長岡 小嶋屋】さんは名前の通り、長岡に本店を構えるお蕎麦屋さん。

東京や富山にも出店しています。

因みに小嶋屋という名前のお店は新潟県内にたくさんありますが、それぞれ違う形で進化を遂げているとのことです。

味なども変わってきますので、その辺りは興味があれば食べ比べてみるのも良いかもしれません。

で、この日このお店に行くきっかけとなったのは、子供達の『カツ丼食べたいー!】の言葉から。

GR007058

ちょうど駅に隣接しているビックカメラに用事があったので、駅ナカで食べられるお店を探していると、ちょうどここが見つかったというわけです。

ということで店内に入ってメニューを確認。

GR007063

まあ先ずはへぎそばですよね。

一応説明させてもらうと、へぎそばは『ふのり』という海藻をつなぎに使った蕎麦でツルツルっとした食感が特徴。

名前の由来はへぎという木の器に盛り付けるということ、剥ぐ(はぐ)ように食べる、『はぐ』→『へぐ』というふうに訛って呼ばれたことだと言われています。

GR007064

そしてタレかつ丼。

この二つの名物が両方味わえるというのは良いですね。

GR007060

こんなセットもあって、子供達とシェアすることにしました。

GR007061

お蕎麦屋さんですからねぇ…飲みたいですよねぇ。

GR007065

日本酒の種類も豊富に。

旅行帰りに、新幹線に乗る前に、明日から仕事だけど今日はいいよねーって感じで一杯!やりたい!

GR007066

ここで食べて気に入れば、家に帰ってからも通販で購入可能。

お土産に、贈り物に良さそうですね。

GR007067

さてさて、そんなこんなで運ばれてきたのが【名物へぎそばと二段盛タレかつ丼セット】。

GR007069

カツは3枚。お米は当然コシヒカリを使っています。

この前も書いたけど、タレかつ丼の美味さはお米にもあると思います。

GR007070

そしてこちらがへぎそば。

GR007072

“へぐ”ように食べていきます!

GR007073

ということでいただきます!

ぽぽ、食べた

タレかつ丼はどちらかと言えばあっさり味。

元々醤油ベースのタレなので、そんなにこってりなものではないんですが、衣への味の滲み具合も少なめなのかな。

ただ、サクサク感は損なわれていないのと肉の柔らかさはタレかつ専門店にも負けないくらい良い感じです。

へぎそばはツルツルシコシコ食感ですね。

へぎそばの特徴として、本来の日本蕎麦ほどの蕎麦の風味がガツンとくるわけではないんです。

僕が考えるに、どちらかと言えば食感で勝負みたいなとこがあるような気がしてるんですが、やはり小嶋屋さんのものは歯ごたえと喉越しが良くとても食べやすい。

するする口に入っていくんですよね。

あっという間に食べ終わって、満足でした。

新潟名物のへぎそば、ぜひ味わってほしい一品です。

ごちそうさまでした!

ということで今回はこの辺で!



この記事が気に入ったら『いいね!』をお願いします。
役立つ情報をお届けします。

Twitter で



広告