地域ブロガーの会【2017Winter】に参加してきた!運営方法から赤裸々な話まで全てが勉強になりました! #地域ブログ

主夫のぽぽ(@carp0p0)です。

新潟大好きー!なんて言ってみる。

ご存知かと思いますが、このブログは『主夫のぽぽさん』という名前です。

立ち上げた当初は主夫のネタをどんどん盛り込んだブログにしようと思ってたんですが、最近では完全にグルメブログ。

まあたまに主夫ネタも書きますけど、どちらかと言えば新潟や広島、その他旅先で食べたものとか行った場所をアップしてるブログになってます。

まあね、いいんです。

その場の流れで生きてる男なんで、こうなることはなんとなく予想ついてたんですけど。

でもね、新潟っていう土地は好きだし、もちろん広島も好きだからやっぱいろんな人にこんな良いとこあるよーって伝えたいってのはちゃんと根底にあるんです。

んで地域の情報を伝えるメディアのロケッツに参加したりして。

【関連記事】新潟はいいとこがたくさんあるんです!だから地域ブロガーを繋ぐwebメディア『Lockets(ロケッツ)』に参加します!てか参加しました! | 主夫のぽぽさん

てことで今回東京に来る目的の一つでもあった、『地域ブロガーの会 【2017Winter】』に参加してきました。

やっぱね、みなさんレベルが高くて。

僕みたいなもんが参加していいのか?って感じもありましたが、本当に勉強になったのでここに書き記しておきたいと思います。

広告



地域ブロガーの会って?

地域ブロガーの会は地域の情報を更新しているブロガー(地域ブロガー)が集まり、その運営ノウハウや苦労話などの情報を共有して、ブログのレベルアップを目指すブロガーコミュニティです。

参照元:『地域ブロガーの会 【2017Winter】』イベントページより

要するに地域のことを取り上げて書いているブロガーが集まって、これまた繋がろうよー!みたいな会です。

開始です。

会場は株式会社ファンコミュニケーションズの会議室をお借りして。

まず最初に主催者であり、Locketsの仕掛け人、そしてご自身でも東京散歩ぽというブログを書かれている、中川マナブさん@tokyosanpopoからオープニングセッション。

地域ブロガーヘッドラインと称して、ここ最近の話題を提供してくださいました。

続いてOREGADGET吉祥寺つーしんの岡部さん@OREGADGET

観光協会と知り合ったり、その土地の歴史を紐解くって結構ウケる的な話だったりをしてくださいました。

次はブログ『め~んずスタジオ』(最高月90万PV)と豊洲の地域メディア『とよすと』を運営されているasukaさん@asuka_xp

豊洲市場の移転延期などなどあったけど、商店街の人たちと仲良くなると良いことあったよとか豊洲ではキャナリーゼなんて言ってないよ的な話をしていただいたり。

そして秩父のローカルWebメディア「ちちぶる」を運営されているあざみっくすさん@azamixx821

長瀞は秩父郡だよーとか、藤原竜也さんと同級生だよー的な話。

ローカルメディアで大切なこと、とっても勉強になりました!

と、まあ失礼すぎるくらい簡単にまとめさせてもらいました。登壇者の方々、すみません。

でもほんと、総じて言えるのが

『レベルの高さよ!』

皆さんが何を考えながら地域ブログを発信しているのか、どういう戦略を立てているのかなとなど、僕からすれば、全く想像もつかなかったことを実践されていました。

ぽぽ、考えた

地域ブログってなんなんだろう?ってのはこれまでもずっと考えてました。

まあ住んでいる地域や好きな土地についての情報を読者に伝えるってことなんだろうなぁなんて自分の中で結論付けてたんですが、この会場で一つの答えが見つかりました!

それは、

ローカルメディアは世直しだ!

ってこと。

その地域や土地の人に関わりまくって、独自の目線から魅力を語ったりすることで、自分なりにいろんな戦略を立てて、地域活性化に貢献したり。

んでその根底には、『自分の好きな土地を盛り上げたい』ってのがあるんですよね。

僕も新潟好きだし、広島も大好きなんだけど、その土地の良いところをその土地のために、戦略を立てながら自分の目線で語れるようになりたいなと初心者地域ブロガーは考えるのでした。

その後の懇親会では短い時間でしたが、いろんな人と絡ませてもらって、しかも企画のじゃんけん大会で買ってAmazonギフト券もらったりとめちゃくちゃ楽しませてもらいました。

企画運営してくださった方々、僕と絡んでくれた方々、本当にありがとうございました!

てことで今回はこの辺で!

Posted from するぷろ for iOS.

この記事が気に入ったら『いいね!』をお願いします。
役立つ情報をお届けします。

Twitter で



広告




URL :
TRACKBACK URL :

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)