ガリガリ君のピスタチオ味とレーズンバターサンド味

主夫のぽぽ(@carp0p0)です。

赤城乳業さんは僕の好きなものをわかってくれているとしか思えません。

IMG 1294

同時に2種類の味を市場に投入してきました。同時にその2種類は僕の好きな味でした。

ピスタチオとレーズンバターサンド。

この他にもピスタチオとレーズンバターサンドの素晴らしさはこのブログでも書いてきました。

まずピスタチオ味からいきましょう。

IMG 1296

ピスタチオかき氷の中にピスタチオ味ソースが入っているようです。

つまりピスタチオです。

IMG 1299

ピスタチオグリーンが鮮やかです。

IMG 1300

中のソースはねっとりと。

食べてみた感想としては、当然のことながら昨今の高級スイーツ系にはかないませんが、ちゃんとピスタチオの風味も再現されています。

なんてったってお手頃価格ですからね。リッチなのに140円!

コスパで言えば最強でしょう。

続いて、レーズンバターサンド味。

最初に言ってしまうと、僕的にはこっちの方が感動しました。

IMG 1297

外側はバタークッキー味のアイスで固められ、中にはラムレーズンとクッキーが入ったかき氷。

IMG 1301

IMG 1302

まあそりゃレーズンバターサンドだからそうなるだろうとは思いますが、さすがにね、氷系のアイスバーですから…と思ったのは大変失礼いたしました。

赤城乳業さんに謝らなければなりません。

食べた瞬間から、「おいおい、これレーズンバターサンドやんけ!」となぜか下手な関西弁のツッコミが口から漏れるくらいの再現度!

とりあえず外のバタークッキー味のアイスがなんでこのシャリシャリ系アイスなのにバターの風味がするの?って疑問にさえ思うほど。

中に入っているラムレーズンもゴロゴロと入っていて食べ応えもあるし、クッキーがしっとりとした食感のこれまたレーズンバターサンド感を増長させています。

これは恐れ入りました。

ピスタチオよりもレーズンバターサンドの衝撃が強すぎて…。

ごちそうさまでした。

ということで今回はこの辺で!

この記事が気に入ったら『いいね!』をお願いします。
役立つ情報をお届けします。

Twitter で

この記事を書いた人

ぽぽ(片元 彰)

ぽぽ(片元 彰)

主夫です。(専業ではありません)
タスク管理の最強ツール、タスクシュート時間術を実践中。
NPO法人の理事として企業の働き方改革のお手伝いやセミナー、コンサルタントとして主に子育て中のママやパパの時間管理、タスク管理の相談に乗っています。
このブログでは好きなこと、好きな考え方などを自由に書いています。

広告