溜めて一気にやる?毎日コツコツやる?

主夫のぽぽ(@carp0p0)です。

先日の「時短家事コーディネーター講座」

そこでは様々な時短のコツを教わったわけなんですが、その一つが家事のルーチン化です。

詳しくは受講してもらいたいんですが、例えばトイレ掃除は何曜日、玄関の掃き掃除は何日おき、など決めてしまった方が最終的には楽だし時短になるよ、ということです。

僕自身が最強だと考える、タスクシュート時間術。

その考え方も基本的にこの部分では共通していると感じたわけで。

なので「たすくま」でやったことを記録し、それをどんどんリピートタスクとして登録しているわけなんですが。

ルーチン化することのメリット

定期的にやった方が最終的には楽だし時短になると言いましたが、なぜこっちのほうが楽なのか?

だって溜めて一気にやったって、作業量としては変わらないはずなのに。

確かにそうかもしれないし、人それぞれやり方っていうものがあると思うので一概には言えませんが、僕はやはりコツコツやったほうが良いと思う派です。

なぜコツコツやったほうが良いのかと聞かれると、「事前にトラブルを防ぐことができる可能性が高くなるから」という感じでしょうか。

多分ほとんどの人が意識することなくやっている歯磨きという行為。ある意味ルーチン化していますよね。

これって歯を毎日磨いたほうが虫歯や歯周病になりにくいと思ってみんなやっていると思うんです。

虫歯や歯周病に図らずも罹ってしまったらどうでしょう?

おそらく歯医者に行って治療してもらいますよね。

この「虫歯になって歯医者に行く」というのはある意味トラブルであり、予期していない出来事です。

虫歯になるだろうなーと思いながら事前に歯医者に行くというのは…まあ定期検診みたいなものもあるかもしれませんが、多くの人はやらないことだと思います。

このトラブルや予期していない出来事というのは、どのくらいの時間や労力がかかるのかがわかりません。

しかも急に割り込んできたりします。

そういうものを防ぐためにはやはり普段からの歯磨きは重要なんですよね。

歯磨きであれば大抵の人はやっていると思いますが、こういう「トラブルを未然に防ぐための細かい作業」というのはルーチン化したほうがいいし、そのほうがやっぱり時間も上手に使えるんじゃないかと思うわけです。

ぽぽ、考えた

溜めて一気にやると気持ち良かったりします。

掃除だって明らかに汚れている部分を掃除するほうが、ほとんど汚れていない部分をやるよりも達成感が得られます。

でも時間を上手に使うという点においては、溜めないほうがやはり良いと思うんです。

夏休みの宿題だって溜めて最終日にやろうとすると、毎日の天気を書けなくて困ることって無かったですか?僕はありました。笑

「小さなことからコツコツと」

きよし師匠はいいこと言ったってことです。関係ないけど。

ということで今回はこの辺で!

この記事が気に入ったら『いいね!』をお願いします。
役立つ情報をお届けします。

Twitter で

この記事を書いた人

ぽぽ(片元 彰)

ぽぽ(片元 彰)

主夫です。(専業ではありません)
タスク管理の最強ツール、タスクシュート時間術を実践中。
NPO法人の理事として企業の働き方改革のお手伝いやセミナー、コンサルタントとして主に子育て中のママやパパの時間管理、タスク管理の相談に乗っています。
このブログでは好きなこと、好きな考え方などを自由に書いています。

広告