無駄だと思われるものを削りきるのは無理なんじゃないだろうか

主夫のぽぽ(@carp0p0)です。

昨日書いた記事の続きというか。

参照:「人生に無駄なことなど何もない」から考えた人生の無駄 – 主夫のぽぽさん

「人生に無駄なことなど何もない」という倉園佳三さん(@zonostyle )のグッドバイブス ご機嫌な仕事 に書いてあったことから、無駄ってなに?って考えてみたわけで。

確かに人生をトータルで考えると無駄なんてものは何もないのかもしれないってのが昨日の結論だったわけなんですが、そうは言っても生きていく上で、例えばお金が必要な時に稼ぐことに対して無駄な行動、みたいなものはあるわけです。

稼ぐ=仕事と考えて「仕事になっていない時間」=「無駄」と多くの場合は考える。

だからこそいろんな時間術、仕事術の書籍が世に出ていたり、僕もタスクシュート時間術というものを用いて毎日生活しているわけです。

あ、ちなみに僕はそれをタスク管理トレーニングセンターで学んでいます。

んで、この無駄と呼ばれているものをどんどん削っていくことで効率的に仕事が出来てお金を稼げてハッピーになれるぜーイェーイ!てな感じで浮かれていたわけですが…そもそもタスクシュートってそういう事じゃないような気もするし、そもそも突き詰めていくと、その無駄を削りまくるって無理なんじゃない?とも思ったわけです。

無駄な時間がゼロになるということ

もちろん、仕事をしていく上で無駄な時間は削っていかなければなりません。会社員が出社して遊び呆けていいわけはないです。

ただ、その無駄な時間をゼロにしようと頑張ってもそれは無理なんじゃないかということです。

何を言ってんだ?と思われるかもしれませんが、考えてみれば簡単なことなんです。

例えば「仕事になっていない時間」=「無駄な時間」と考えた場合、その「無駄な時間」をゼロにした場合、いわゆる、「仕事をしている時間」だけが残ります。

つまり、出勤時間は仕事しかしていないということになるわけです。

まあ確かに会社で決められた出勤時間は全て仕事に費やすべきなのかもしれません。それで給料をもらってるわけですから。

でも、そんなこと本当に出来ますか?ってことなんです。

会社だとおそらく就業規則の中に昼の休憩時間とかも決められていることだと思いますが、それを除いたとしても全ての時間を仕事に費やす、まあここでいう仕事の定義みたいなものもあるかもしれませんが、例えばそれを生産的な事、利益を生む事として考えた場合、それを毎日毎日続けるってのは基本無理だと思うし、出来ている人がいたら本当にすごいことだと思います。

そもそも、そんな風に働きたいと思ってる人って多いんですかね?どうなんでしょう?僕は無理かなと。

極端に聞こえますか?確かにそうかもしれません。

何を無駄なことだと定義づけるかによっても変わってきますが、無駄なことを極力ゼロにしていこうと思うのはちょっと危険な感じもするのは僕だけでしょうか?

ぽぽ、考えた

僕はタスクシュート時間術のやり方に沿って、行動の記録を取っています。

最初はこのことでとにかく無駄な時間を可視化して、そこを潰していけばいいんだと思っていました。

もちろん、今でも明らかに無駄な時間の使い方だったなと思うことはありますし、それは改善したいなと考えることもあります。

でも、記録を取って見返すようになると、なぜこの無駄だと思われる時間はこういう時間の使い方をしたんだろう?ということを考えるようになりました。

すると、実は無駄だと思われていたことは必然だったんじゃないのか?と見えてくることもあるんです。

例えば、「すごく重い作業の後で疲れていたから休憩の時間が伸びて、ついダラダラとSNSを見てしまった」という事実があったとします。

SNSを見てダラダラするというのは一見すると無駄な時間ですが、重い作業の後だったから休憩を体が欲していたとも考えられます。

甘い考えだと思われますか?そこは体に鞭打って頑張るとこだろ!と?

でもね、これって結局どっちにしたって一緒なんじゃないかなとも思う自分もいるんですよね。

休憩して頑張ったって、体に鞭打って休憩せずに頑張ったって、トータルでそんなに差は見られるのか?まあその辺りはわかりませんが。

僕はそんなに変わらないんじゃないか?と思うようになったんです。記録を取るようになって。

だから現実的に今の自分がどういう時間の使い方をしているかというのを把握しながら、やることとやらないことを決めるという方がいいんじゃないかなと最近は考えるようになってます。

都合の良い考え方かもしれませんが、グッドバイブス ご機嫌な仕事 に書いてあった「いまここ」を大切にするという考え方はこの上に成り立ってるんじゃないのかなと思っているんです。

休憩したって、体に鞭打って頑張ったって、その状況がつまり「いまここ」なわけで。それを受け入れ、その自分の選択を大切にする事なのかなと。

そんな感じです。

という感じでタスクシュートってものに興味を持たれましたらぜひ下記のバナーからどうぞ!笑

ということで今回はこの辺で!

この記事が気に入ったら『いいね!』をお願いします。
役立つ情報をお届けします。

Twitter で

この記事を書いた人

ぽぽ(片元 彰)

ぽぽ(片元 彰)

主夫です。(専業ではありません)
タスク管理の最強ツール、タスクシュート時間術を実践中。
NPO法人の理事として企業の働き方改革のお手伝いやセミナー、コンサルタントとして主に子育て中のママやパパの時間管理、タスク管理の相談に乗っています。
このブログでは好きなこと、好きな考え方などを自由に書いています。

広告