腹ペコ高校生だった僕の胃袋を満たしてくれた「ザ・どん」は広島でしか知られていない事実に驚愕した

主夫のぽぽ(@carp0p0)です。

長いタイトルですみません。

高校生の頃ってみんな腹ペコじゃないですか。

女子高生だって色々気にするお年頃とは言っても腹ペコだし、体育会系の男子高生なんて腹ペコも腹ペコ、もうオクヒラテツコじゃないですか。あ、りゅうちぇるの奥さんのことなんですけどね。

んでね、僕は一応野球部男子だったんですけど、例に漏れずまあとにかく腹が減ってましてね、常に丼ものをがっつきたい衝動に駆られているわけです。

そんな僕の味方になってくれていた、常に寄り添ってくれていた、いわば空気のような存在的なお店が「ザ・どん」なんですけどね。

でね、妻と先日ショッピングモールに買い物に行った時に、おなじみの「ザ・どん」のい看板が見えたので、

「久しぶりにザ・どん食べたいなー」

「え?なにそれ?」

え?ちょっと言ってる意味がわからない…と突っ込みたくなるところを抑えて、グーグル先生に聞いてみたところ、なんと!全国にあるわけじゃないと!

ウェブサイトに載っている店舗情報を見ると全国に15店舗、そのうち広島に8店舗。

そっか…広島の会社がやっているお店なんだな、と思って会社情報を見てみると本社は大阪にあるという…まあそんなことはどうでもいいんですけど、とにかく「ザ・どん」というお店が僕にとっては思い出の味なんだということを今日は伝えたいわけです。

IMG 6647

フードコートによくある感じのお店なんですけどね、名前の通り丼専門店でして。

名物は「ねぎとろ丼」と「さけとろ丼」なんですけどね、600円とか560円という感じで高校生の自分には若干お値段が…という感じなわけです。

そんな時にはですね、

IMG 6649

こちらのツナマヨ丼です。

IMG 6651

醤油をかけてお召し上がりくださいとのことです。

なんていうか…良い意味でチープな感じが最高です。あくまでも良い意味でですからね。

IMG 6654

なので無駄にアプリで写真を加工して盛ってみちゃったりして。

IMG 6655

錦糸卵とツナとカニの身風なやつと小ねぎ、刻み海苔が散りばめられています。

ぽぽ、食べた

ツナとマヨネーズの塩梅がちょうどよく、散りばめられている錦糸卵の優しい甘みとマッチしていて…みたいな食レポはどうでもよくて、とにかくこれ絶対大衆受けするやつやろ!っていう味です。

そりゃね、海沿いによくある食堂で出されるような、海の幸てんこもりの海鮮丼みたいな感じじゃないですよ。

でもね、これはこれでアリ!

涙がちょちょぎれるかと思うくらいの懐かしの味でした。

ごちそうさまでした!

ということで今回はこの辺で!

この記事が気に入ったら『いいね!』をお願いします。
役立つ情報をお届けします。

Twitter で

この記事を書いた人

ぽぽ(片元 彰)

ぽぽ(片元 彰)

主夫です。(専業ではありません)
タスク管理の最強ツール、タスクシュート時間術を実践中。
NPO法人の理事として企業の働き方改革のお手伝いやセミナー、コンサルタントとして主に子育て中のママやパパの時間管理、タスク管理の相談に乗っています。
このブログでは好きなこと、好きな考え方などを自由に書いています。

広告