千羽堂(広島市東区牛田旭)の「もみじきんつば」なるものを食べてみた

主夫のぽぽ(@carp0p0)です。

広島名物といえば誰もが頭に浮かぶのがお好み焼き、牡蠣、そして…

カープですよね。

うん、小園くん凄いし、今シーズンもやってくれそうですよね。

ってこんな話をしてたらなかなか本題にいけないので、今日はもみじ饅頭ならぬ、「もみじきんつば」です。

僕ね、きんつば好きなんですよ。

参照:温泉街の有名店!岩室温泉の角屋悦堂(かどやえつどう)の金鍔は甘さ控えめで上品な口当たり – 主夫のぽぽさん

甘いもの全般が好きなんですが、あんこ系で好きなのはおはぎときんつば。

ここだけは外せない二大巨頭です。

ダウンタウンととんねるず、貴乃花と曙、山本浩二と衣笠祥雄みたいなもんです。

そのきんつばと広島名物のアレが合体したような、その名も「もみじきんつば」とやらを食べてみました。

千羽堂(広島市東区牛田旭)

お店の場所はこちら。

アストラムライン沿いからビッグウェーブの方に入っていき、ちょっといったところです。

妻の職場である広島駅近辺まで車で送っていくことがたまにあるんですが、「きんつば」と書いてあるノボリが気になっていたんですよね。

IMG 6029

こんな感じで。

しかも先日たまたま見ていた広島のローカル情報番組でも名前が出てて、これは行ってみないとと。

IMG 6028

ウリはもちろん「もみじきんつば」かと思いきや、大福も。

どうやら小豆にこだわっている甘味処ということらしいですね。

IMG 6042

こんな袋に入れてくれる飾らない感じも良いです。

IMG 6043

購入したのは「もみじきんつば」と「大福もち」。

まずはやはり「もみじきんつば」から。

IMG 6046

きっちりもみじの形。でもよく見るあの饅頭の色ではなく白い。まさにきんつばです。

IMG 6047

餡がはみ出ている感じも良いです。餡に自信がある証拠。

続いて大福もち。
IMG 6061

粒あんがびっしり詰まってます。

IMG 6062

ということでいただきました。

ぽぽ、食べた

「もみじきんつば」ですが、確かに外の皮もあんこの感じもきんつばなんですが、形のせいかきんつばを食べている気分にならないという不思議な感じ。

こちらのお店の拘りはさすがであんこが美味です。ちょうど良い甘さ。

ただ、だだですね、一言言わせてもらうと…

大福もちの方が僕は好み!

こちらの方があんこの良さが出ているような気がします。

外側の餅部分と甘すぎない餡のバランスが良いです。

「もみじきんつば」、饅頭に飽きた方にはうってつけですし、大福もちも同時に購入されるとなお幸せになれると思いますよ。

ごちそうさまでした!

ということで今回はこの辺で!

この記事が気に入ったら『いいね!』をお願いします。
役立つ情報をお届けします。

Twitter で

この記事を書いた人

ぽぽ(片元 彰)

ぽぽ(片元 彰)

主夫です。(専業ではありません)
タスク管理の最強ツール、タスクシュート時間術を実践中。
NPO法人の理事として企業の働き方改革のお手伝いやセミナー、コンサルタントとして主に子育て中のママやパパの時間管理、タスク管理の相談に乗っています。
このブログでは好きなこと、好きな考え方などを自由に書いています。

広告