自分ごとになると「余裕」を求めてしまうのは何故なのか?

主夫のぽぽ(@carp0p0)です。

倉園佳三さん(@zonostyle )のグッドバイブス ご機嫌な仕事でこんなことを書かれていました。

ちょうど我が家で最近起きていることと重なる部分があったので今日はそのことについて書いてみたいと思います。

早起きを目指す妻

うちの妻の話です。

妻は早起きが苦手です。そして寝るのが大好きです。

我が家では一番早く起きるのは僕か長男くん。日によって違いますが5時台には起きてなんやかんややってます。

続いて次男くん、そして妻です。

別に僕は早く起きてほしいとかそんなことは全く思いません。得手不得手ってのもあるし、たまたま僕が早起きはそんなに苦じゃなく、それで上手いこと家の中が回っているんだからそれで良いんじゃないかと。

ただ先日、妻が寝坊してしまい僕も出発時間とかを聞いていなかったために、最寄り駅まで車で送っていってしかもギリギリなんとか間に合ったという日がありました。

その日から妻は早起きする!と宣言したのです。

ですが、まあ習慣を変えるのはなかなか難しいですよね。

「早く目が覚めても二度寝、もしくは布団から出られない…」と。

うん、だから別にこれまで通りでいいんじゃない?と。別にこれまでだって誰かに迷惑かけたわけじゃないんだから、と僕は思うわけです。

まさに妻は余裕を求めているわけです。

ぽぽ、考えた

このように自分以外のことだったら別にいいんじゃない?と思えるんですが、自分のこととなるとそうは思えないっていうこれ、なんなんでしょうね?

多分、僕も妻と同じ立場だったら妻と同じように早起きする!と宣言していたでしょうし、例えば僕はしがないフリーランスなので、お金のことだってもっと!もっと!って思ってしまうことはあります。

先のことを考えれば子どもたちにはお金がかかるだろうし、いつなにがあるかわからないので、まさに「余裕」を感じることが出来るくらいのお金が欲しいと。

今、現在は一応生きていられているという事実があるのに…。

結局「余裕」を求めてしまうことで自分を追い詰めてしまうということもこれまで多々ありました。

「ギリギリでも、いまなんとかなっていること」に対する評価をもっと大幅に上げてみてはどうでしょう。

まずは「いまできていることを軽んじて、余裕を追い求めていないか?」を確認してみてください。

これなんですね。

ここで僕はこの確認作業と「やってきたことの記録」がリンクするのかなと勝手に解釈するのでした。

「今できていること=やってきたこと」と考えてそれを見返しながら、自分はこれまでこういうことをやってきている、そしてなんとかやってこれている、と再認識する。

余裕を追い求める気持ちというのも未来を考えて不安になるからなんだと。

これからやることよりもやってきたこと。そして大事なのは「いまここ」なんだと。

これまで以上に「いまここ」を大切に。

そして妻には全然無理しないでいいよと思うわけです。

ということで今回はこの辺で!

この記事が気に入ったら『いいね!』をお願いします。
役立つ情報をお届けします。

Twitter で

広告