ファザーリング・ジャパン10周年おめでとうございます!思うことをつらつらと。

主夫のぽぽ(@carp0p0)です。

賛助会員として参画している、NPO法人ファザーリング・ジャパンが昨日10周年記念フォーラムを開催しました。

大盛況だったという話をFacebook等々で聞いています。

まずは10周年おめでとうございます!

私が入会したのは2011年の夏なのでちょうど5年前ですね。

なんか面白そうと思って入会してみたら、いろんな意味ですごい人達の集まりだったということを後になって知ったり、メーリングリストのやりとりに圧倒されたことを懐かしく思うわけですが。

あ、ファザーリング・ジャパン(FJ)ってなんやねん!?って人もいるかもしれないので、簡単に説明しておくと『父親であることを楽しもう』という理念のもと、活動している団体で…

すみません、いろんなことやっていて奥の深い団体なので、全て説明するのがめんどくさくなってしまいました。

詳しくはこちらをどうぞ。

NPO法人ファザーリング・ジャパン | 笑っている父親になろう! 父親の育児・家事・夫婦関係・子育て・働き方を支援します。

これまでこのブログの中でイクボスについて記事を書いてみたり、

イクボスって知ってますか?自分で選択して楽しみながら生きている人は間違いなく超一流です。 | 主夫のぽぽさん

主夫としてテレビに取り上げてもらったりというのも、このFJに入っているからというのは間違いないです。

新潟の主夫がテレビの1日密着取材を受けて考えたこと。 | 主夫のぽぽさん

まあとにかくFJ10周年、本当におめでたいということです!

広告



普通に生活している父親と笑っている父親

今回の10周年記念フォーラムの中で、基調講演やパネルディスカッションに男性学の第一人者、武蔵大学の田中准教授が登壇されたそうです。

私も以前一度だけですがお会いしたり、著書を読ませてもらったりとしている方で、この方の語り口がすごく好きなんですが、

男が働かない、いいじゃないか!by田中俊之を主夫が読んでみた。男性の生きづらさに一石を投じる良書! | 主夫のぽぽさん

この田中先生が『FJの人たちは少し落ち着きなさい』というようなことをおっしゃったとのこと。

これすごく面白いなと思ってしまったんですよね。

私自身、今主夫と名乗って生きているのは間違いなくFJがあったからです。

FJに身を投じていると、主夫でいることも当たり前というか…まあはっきり言って今の社会とはかけ離れている感もあるんですが、そのことでこれでもいいんだと思って生きていられてるという部分はあるんです。

なんですが、このFJに出会ってなかったら鬱にもなってなかったんじゃないかなとも思ったりして(笑)。

別にFJと出会わなければよかったとかそういう話では無いんですよ。

ただ、仕事もバリバリやって家事も育児もバリバリやってっていうすごい人達がたくさんいて、それに追い付けーみたいな感じで自分自身やっていたことは確かで、それを考えると無理してた部分もあったのかなぁとなんとなくね、思うわけですよ。

まあ結局自分でも何が原因で体調を崩したのかわからないので、なんとも言えないんですけどね(笑)。

FJの活動やメンバーの人はみんな好きだし、これからもいろいろ出来ればいいなと思うし、ましてや恨んでいるなんてことは微塵もありません。

でも田中先生のおっしゃるように、笑っている父親を増やすために先頭に立ってやっていくFJも必要だけど、いろんな人もいるってことは忘れちゃいけないなと思ったり。

でも笑っている父親が増えていけばいいなと思うので、FJにはこれからも続いてもらうことと、いつか笑っている父親が当たり前になって消滅してもらうことを願う次第です(笑)。

つらつらとまとまりのない文章を書いてみました。

10周年おめでとうございます!これからもよろしくお願いします!

ということで今回はこの辺で!

この記事が気に入ったら『いいね!』をお願いします。
役立つ情報をお届けします。

Twitter で



広告