Bean to Barって知ってます?広島県向島にある『USHIO CHOCOLATL(うしお ちょこらとる)』のチョコレートが美味!

主夫のぽぽ(@carp0p0)です。

もう2月も終わろうとしている中、ようやく書けますバレンタインデーにいただいたチョコレートの話題。

妻から頂いたものはこちらで、

今回紹介するのは実家の母から頂いたものです。

2月14日、母から無造作に送られてきたダンボール。

我が子たちには仮面ライダーのチョコレート、その奥にこんな袋が入っていました。

なんだこれ?

IMG 0607

早速子供達と一緒にお礼の電話を。

僕『チョコレートありがとう。』

母『あんた、もっと感動しんさいや。あのチョコレート、ぶち有名なの知らんのん?』

僕『そうなん?知らんかった…』

という広島弁親子の会話が繰り広げられたわけですが、まだ開封しておらず、あの麻の袋を見ただけではピンときませんでした。

ということで早速開封。

IMG 0608

IMG 0609

『USHIO』?うしお?なんか聞いたことある…そういえばテレビでなんかやってたような…。

『USHIO CHOCOLATL(うしお ちょこらとる)』というお店

Bean to Barって知ってます?要するにカカオ豆からチョコレートになるまでの行程を一つの場所で全て行うという意味。

『USHIO CHOCOLATL(うしお ちょこらとる)』はまさにそのBean to Barのお店でして、まだそんな概念はほぼ知られていない2014年にオープン、現在では大人気のお店になっています。

お店(工場)があるのは広島県尾道市の向島(むかいしま)という場所。

自然豊かな場所でゆっくりとチョコレートを食べる…うん、現地行きたい!

まあ何よりも広島から発信されているってことが嬉しいですわ。

パッケージとかめっちゃシャレオツだし。

IMG 0611

IMG 0612

開けてみるとこんな感じ。

IMG 0613

『USHIO CHOCOLATL(うしお ちょこらとる)』のチョコレートはカカオ豆と砂糖のみを使って作られています。

徹底したこだわりはカカオ豆を選ぶところから始まっていて、現地農園まで出向いて仕入れるそうです。

何となく割って食べるのが勿体無い感じではありますが、そんな気持ちは一瞬持っただけで速攻食べ始める僕でした。

ということでいただきました。

ぽぽ、食べた

先日妻からもらった

なんかフルーツの果汁入れてるの?ってくらい酸味や甘味が口の中で複雑に絡み合います。

荒々しいと言ってもいいくらい自然な風味があって、今回頂いた5枚のチョコレートは全てカカオ豆の産地が違うようなんですが、それぞれの個性があってすごく面白いです。

正直、子供達には向かない味だと思います。

でも僕みたいなお子ちゃまの舌を持っていてもわかります。

こういうのが本物なんだなと。

なかなかのものをいただきました。

ごちそうさまでした!

ということで今回はこの辺で!

この記事が気に入ったら『いいね!』をお願いします。
役立つ情報をお届けします。

Twitter で

広告