ジョセフィーヌって…これやっべぇぞ!幻のドレッシングは子供も唸る美味さで野菜が進みすぎる!

主夫のぽぽ(@carp0p0)です。

最近ほんとにですね、ブログネタとしてこんなのあるよ!ってのを友達が色々薦めてくれるんですよ。

ありがたき幸せですよ。感謝感激雨嵐ですよ。

ウチの子達が知ってる数少ない芸能人は嵐ですよ。

今回ネタを提供してもらって紹介するのはドレッシングです。

んでですね、これ、すごいです!

なんてったって子供が本気で唸るんですよ。

食べた瞬間、なんて言ったと思います?

長男『これ今までで1位!』、次男『んー!!!』ですよ。

そんなドレッシング、早速紹介します!

広告

ジョセフィーヌという名のドレッシング

ドレッシングのイメージを変えた フランス生まれのオリジナルドレッシング

チラシより引用させてもらいました。

まずどこから紹介しようかなと思ったんですが、これを知ったキッカケから。

最初に言ったように友達から教えてもらったんです。

『これ絶対好きだと思うんだけど、ウチも共同購入って形で買ってて良ければ一本どう?』

ん?共同購入?どういうこと?

でも野菜たくさん食べたいし、美味しいドレッシングなら試してみたいし、是非是非お願いー!という感じで軽いノリで返事させてもらったんですよね。

少しだけ調べてみると、幻のドレッシングってどんだけ〜まぼろし〜とまさにIKKOさんみたいなドレッシングなんだろうなと考えながら、楽しみに待つことにしました。

程なくして届いたよーという友達からの連絡。

ここで思ったんです、IKKOさんみたいなドレッシングってほんまに強烈なの来たらどうしよ。って。

調べることにしました。

するとですね、ものすごいドレッシングだってことがわかりまして。

ジョセフィーヌのすごいところ

まず購入は通販のみです。

基本はメーカーに直接注文なのですが、一応大手通販サイトでも売っています。

アマゾンで送料込み約2000円、楽天だと約2500円です。一本がですよ!?

しかもそれでも在庫が少ないようで、品切れのお店も。

因みに今回僕は共同購入してもらったので520円という最安値でした。

じゃあ直接メーカーから買おう!と思っても無理なんです。

なぜかというと…紹介がなければ買うことができない、一見さんお断りシステムだから!

すごくないですか?興味湧きまくりますよね?

ここまで高飛車なドレッシング、どこ探しても無いでしょ?

IKKOさんなんて仕事選ばない感じのにね、とんだ勘違いでしたよ。

これだけハードル上げてくれるジョセフィーヌは千葉県にある、

【有限会社 エム・オー・ディー】という会社が作っているようです。

エム・オー・ディー CO.LTD
オリジナルドレッシングJosephine
TEL:0479-79-7575
FAX:0479-79-7574

ん?千葉?フランス生まれじゃないんかい!?ってベタにツッコミたくなる気持ちはさておき、保存料無添加なので、賞味期限は一ヶ月と短いです。

なのに購入は一本単位ではできないので共同購入ということになるんですね。

ここでようやく納得できました。



ぽぽ、食べた

まあそんなん言うてもね、不味かったら承知せーへんでぇ、なんて無駄にエセ関西弁使ってみたくなるくらい、期待度高まるジョセフィーヌですが、早速食べてみましたよ。

GR004113

GR004114

原材料は…まあ見てもいろんな野菜が使ってあるってことくらいしかわかりません。

GR004115

保存方法にもこだわりが見えますね。野菜室保存ですから。

何にかけて食べようかなぁと考えたんですが、一番わかりやすいのはやっぱり生野菜かなと思ったので、

水菜を切ったものにドバッと。

GR004117

見た目はフレンチドレッシングのようで、子供達も特に最初興味を示しませんでした。

一口食べます。

…なんじゃこりゃぁぁぁぁ!!

子供にも勧めてみました。

GR004118

ほんとそんな美味しいの〜?絶対、紅白なますの方が美味しいよ〜。なんて言ってる風。

あ,紅白なますは次男の好きな食べ物です。渋すぎるでしょ?笑

そしてパクリ。

GR004119

この表情です!

えっ?美味しそうに見えない?

唸ってるからでしょうね。彼はこの後、水菜を瞬殺してました。

それではここからはどんな味だったのかを僕の豊かな表現力で表してみましょう。

うん…美味いです!

あのね、正直なんて言っていいかわからない美味さなんです。

というのも、こんなドレッシング食べたことないから。

完全に『ドレッシングってこんなものだよな』っていう僕の想像の範疇を超えているんです。

ただ一つ、こういうのをいわゆる【コク】って言うのか?って思いました。

よく料理を食べてる芸能人が【香り】と【コク】が…って言いますよね?

その【コク】ってのがイマイチわからなかったんですが、もしかしたらこれかもって感じさせてくれるものでした。

因みに調べてみると【コク】っての『味の総和』らしいです。

聞いてもわかりません。

料理の「コク」って何?コクは数値化できる! | 味博士の研究所

んで驚いたのがもう一つ、にんにくを使っていないのににんにくの風味がするんです。

食べた後原材料を5度見くらいしてしまいましたよ。

しかも聞くところによると、この原材料も季節によって変わってくるみたいで、注文したその時によって味が若干違ってくるっていう楽しみもあるみたいですよ。

なんかいろんなことがすごくて、軽い衝撃を受けました。

ジョセフィーヌを紹介してくれた友達にはほんと感謝!

紹介してきたように簡単には手に入れにくいモノなので、大事に食べようと思ってたんですが既に4分の1は無くなってる…。

これまでもドレッシングはいくつか紹介してきました。

その度に美味しい美味しいって言って節操のないやつやのぉって思われるかもしれませんが、本当にその度に美味しいと思って紹介してきたんです。

今もそう思ってることは変わらないんですが、この【ジョセフィーヌ】は別格だったかもしれません。

現時点で僕史上ナンバーワンであることは間違いないです。

因みにチラシには白身魚のムニエルやパスタにも合うと書いてあったり。

極め付けは、

豚かつやエビフライ、カキフライにも又これベリーナイス。

ですって!

若干謎めいた部分も見受けられますが、本当に美味しかったです!

ということで今回はこの辺で!

ごちそうさまでした!

この記事が気に入ったら『いいね!』をお願いします。
役立つ情報をお届けします。

Twitter で