STORIA(ストーリア) セーラーの万年筆用顔料ボトルインク パッケージの可愛さで思わずジャケ買いしてしまったり。

主夫のぽぽ(@carp0p0)です。

何気に文房具大好きな僕なんですが、普段は万年筆とか使っちゃってるんです。

イキってるって?はい、完全にイキってます!笑

今使ってるやつは、もう一目惚れしすぎてその名の通り絶対に一万年使ってやると思って買ったやつなので、イキってると言われようが使い続けます。

IMG 6470

僕、字は汚いんですけどね。

てもなんとなく万年筆で書いた文字には味が出ると勝手に信じ込んでたり。

しかもなんだかんだで手書きってそれはそれで良さがあったりすると思ってるので。

アイデア出しなんかはやっぱり『ノートに書く』ほうが閃いたりする気がするんです。

そんな僕ですが、フラフラっと立ち寄った文具店でですね、見つけてしまったんです

IMG 6397

インクです。

ここにハマってしまうと絶対にやばいと思って見ないふりをしていたんですが…。

インク沼という言葉が万年筆愛好者の中では使われるように、凝り始めるとそれはそれは底なし沼のようにどっぷりと使ってしまうようです。

ただね、このインク、セーラー万年筆 から出てるんです。

セーラー万年筆 |公式ウェブサイト

万年筆を使っていなくても聞いたことある会社だと思いますが、このセーラー万年筆、創業は広島で今でも呉に工場があったりと、僕が書いたくなる要素が満載なんです。

因みに最初に紹介した愛用の万年筆もセーラーと広島の百貨店 福屋がコラボした限定品で、どんだけ地元愛が強いんだって感じですが、とにかく見た瞬間から気になって仕方なくなってしまいました。

でも絶対買うまいと心に決めました。買ったら最後、買わない、買わない…。

広告



STORIA(ストーリア) セーラー万年筆

と思いながら店を出て、家に着いた瞬間に。

GR005187

買ってる!

あぁ、そんな気はさらさらなかったはずなのに。

まあね、買っちゃったものはさ、しょうがないからさ、レビューしますけど。

パッケージを見てもらうとわかるでしょ?かわいい!

GR005188

これまでのセーラーの顔料インクというと、

こんな感じなので真逆をいってる感じ。

このSTORIA(ストーリア)、8色展開となっています。

GR005190

今回買ったのはレッド。

パカっと開けてみると、

GR005191

こんなん出てきましたけど。

GR005193

うん、このボトル好き!

GR005194

もちろんメイドインジャパン。

メイドインヒロシマって書いてくれてもいいのに笑

GR005195

ということで、こいつの相棒はこちら。

GR005196

GR005197

赤いでしょ?ラミーです。

by カエレバ

これにインクを入れましてですね、

GR005198

GR005199

万年筆なんて何に使うかって?用途は主にこれです。

IMG 6460

はい、贅沢だと言われるかもしれませんが、ほぼ毎日やることなのでコスパ的には高い?笑

これで毎日子供達の宿題みるぞー。笑

ぽぽ、考えた

良いものを長く使っていくというのも大事だと勝手に良い方に解釈することにします。

万年筆って面倒くささであったりとか、使わない人は全然使わないものですよね。

アメリカのトランプ大統領。大統領令にサインするときにも歴代の大統領が万年筆を使っていたのに対して、ボールペンを使ったというのはニュースにもなりました。

それくらい好みもはっきりするものではあるんですが、僕は書き味もインクを補充する作業も好きで何となくずっと使い続けたいなと思っています。

ちなみに手帳も持たず、iPhoneアプリでスケジュール管理をしているにも関わらずです。

そんな使っている本人にもよくわからない魅力が万年筆にはあるんですよね。

そしてその万年筆にハマるとインクにもハマっちゃうという…明らかに実用性よりも趣味ですが、これからも使い続けていきたいと思います。

あー楽しい!

てことで今回はこの辺で!

調べてみると、自由に選べる三本セットや、

こんな8色セットもあるらしい。

この記事が気に入ったら『いいね!』をお願いします。
役立つ情報をお届けします。

Twitter で



広告