明治『辻利 お濃い抹茶 チョコレート&クランチ』 伝統の濃い抹茶とクランチの食感が秀逸なアイスでした。

主夫のぽぽ(@carp0p0)です。

「辻利」と言えば抹茶好きでなくとも知らない人はいないのではないかというくらい有名ですよね。

かくいう僕は別に抹茶が好きなわけではありませんが、長男次男の通っていた幼稚園では月に一度園児がお抹茶会をするということで親しみはあります(無理やり!笑)。

まあそんなこんなで今日は抹茶アイスです。

IMG 9300

「辻利」の文字とともに気になったのが「お濃い抹茶」の文字。

お濃い?

京都ではそんな言い方するのか?「どすえ」をやたら使いたがるエセ京都人が言ってるだけじゃないのか?もしくは関東一高出身で甲子園を沸かせた現楽天ゴールデンイーグルスの外野手じゃないのか?なんてことを考えながら、

IMG 9302

まあ伝統の美味しさなわけですから、不味かろうことはないと信じて、早速パッケージを開けてみました。

IMG 9303

楕円形です。棒付きアイスでこの形だと高級感が出るのはなぜでしょう?アイスでなければ五平餅としか言えないこの形なのに。

決して五平餅を馬鹿にしているわけではありません。美味しいですもんね。

ということでいただきました。

ぽぽ、食べた

確かにお濃い抹茶の風味が特に周りのコーティングされている部分に強く感じます。

甘さは控えめですので、そこらへんのガキンチョ、あ、すみません、口が過ぎましたお子様の皆様には楽しめないかもしれませんが、とにかく苦味も深いコクみたいなものもしっかり感じることができる逸品でした。

クランチの食感も良好です。篠原良好(涼子)です。親父ギャグです。

今日は若干変なテンションでお送りしました。

ごちそうさまでした。

ということで今回はこの辺で!

この記事が気に入ったら『いいね!』をお願いします。
役立つ情報をお届けします。

Twitter で

この記事を書いた人

ぽぽ(片元 彰)

ぽぽ(片元 彰)

主夫です。(専業ではありません)
タスク管理の最強ツール、タスクシュート時間術を実践中。
NPO法人の理事として企業の働き方改革のお手伝いやセミナー、コンサルタントとして主に子育て中のママやパパの時間管理、タスク管理の相談に乗っています。
このブログでは好きなこと、好きな考え方などを自由に書いています。

広告