やったことの記録が大事な理由

主夫のぽぽ(@carp0p0)です。

すごい話です。

僕はこのマインド・タイム 脳と意識の時間という本を読んだことがなく、このような話は恥ずかしながら全く知りませんでした。

これだと記事の中にもあるように、どう考えたって「やったことの記録」が大事ということになりますね。

結局、「意志」は実行された記録にしか、反映されておらず、「願望」や「意志力」をどんなに積み上げてみたとしても、それは行為に至らしめる無意識のキッカケが先行しうるかどうか、分からない。

言い換えれば、実行に至るに足るモノか、不明なのです。

マインド・タイム 脳と意識の時間、読んでみたいと思います。

佐々木正悟さん(@nokiba)がシゴタノ!で書かれた記事の紹介のみになってしまいましたが、今回はこの辺で!

この記事が気に入ったら『いいね!』をお願いします。
役立つ情報をお届けします。

Twitter で

この記事を書いた人

ぽぽ(片元 彰)

ぽぽ(片元 彰)

ぽぽ(片元 彰)

兼業主夫です。
NPO法人 ファザーリング・ジャパン中国代表。
時短家事コーディネーター。家事シェアコンサルタント。
夫婦関係を良くするコンサルティングも行っています。
タスク管理の最強ツール、タスクシュート時間術を実践中。
このブログでは僕自身が経験したこと、考えたことを書いています。

夫婦でYouTubeやってます。
夫婦でお送りするYouTubeはこちら
noteも書いています。
ぽぽのnoteはこちらから
YouTubeでは妻と夫婦関係について、
noteでは「時間管理」「タスク管理」をテーマに書いています。

広告