呉のお菓子と言えば天明堂の鳳梨饅頭(おんらいまんとう)。檸檬もあるよ。

主夫のぽぽ(@carp0p0)です。

昨日のポッドキャストはこちらです。

テレビドラマ「この世界の片隅に」観てましたか?

実写化には正直肯定的ではなかったんですが、観てみるとすずさんの演技が結構好きで僕自身は良いドラマだったんじゃないかなと思うとります。

舞台となった広島県呉市。

先日、久々にその呉の名物をいただく機会がありまして。

天明堂の鳳梨饅頭(おんらいまんとう)っていうですが、何のことかわかりませんよね。

という事で紹介します。

天明堂の鳳梨饅頭(おんらいまんとう)

天明堂は呉にあるお菓子屋さん。

そこで作られている鳳梨饅頭(おんらいまんとう)というお菓子が呉の銘菓なんです。

IMG 3552

鳳梨(おんらい)というのは中国語でパイナップル、つまりパイナップル入りの饅頭と言う事です。

IMG 3553

まあそれだけ聞くとかなり珍しいですよね。

IMG 3556

こんな感じで実際に入っているのはパイナップルをジャムにしたもの。

この甘酸っぱさが美味。外側の生地はいわゆる饅頭よりも少しサクッとした食感もあり、口の中の水分奪われるーという感覚も少ないです。

IMG 3555

そして、もう一方の檸檬。

これは文字通り檸檬が入っているのかと思いきや、

IMG 3554

レモン果汁は入っていますが、食感に含まれるレモンの皮のようなものは冬瓜という衝撃!

IMG 3557

改めて原材料を見てびっくりしました。

ぽぽ、食べた

呉の銘菓を紹介しました。

呉は今回の豪雨災害の影響が酷かった地域です。

僕は呉に父方の実家がある(中心部ではなく倉橋島というところ)ため、やはり人ごとではないんですよね。

先日も書きましたが、こうやって被害に遭った場所のものを消費するというのも復興支援の一つ。

早く日常が戻ることを祈るばかりです。

という事で今回はこの辺で!

この記事が気に入ったら『いいね!』をお願いします。
役立つ情報をお届けします。

Twitter で

広告

この記事を書いた人

ぽぽ(片元 彰)

ぽぽ(片元 彰)

ぽぽ(片元 彰)

主夫やりながら働き方改革のコンサルティングをやりながら、NPO法人の理事やったりしてます。
「毎日の行動を1分単位で記録を取る」のが趣味です。
このブログでは好きなこと、好きな考え方などを自由に書いています。