旬月神楽(広島市西区庚午北)の「金のどらやき」が生地ふわふわで美味!

主夫のぽぽ(@carp0p0)です。

先日このニュースにショックを受けた人も多いはず。

子どもたちも大好きクレヨンしんちゃん。

まあこればっかりはしょうがないですよねー…結構な負担だったんだなーと思うとお疲れ様でした、夢をありがとうございました!と言って感謝の念を叫ぶしかないですね。

新しい声優さん、大変だろうなー…ドラえもんも今では水田わさびさんの声が当たり前で聞き慣れたけど、やっぱり最初は違和感あったもんなー。

なんて考えてたら、ちょうどどら焼きが食べたくなって、そんなところに我が家に来た妻と僕の共通の友人がお土産として買って来てくれたのがこちら。

なんということでしょう。

タイミングばっちりということで今日はこの「金のどら焼き」を紹介したいと思います。

強引なフリだなと思った方もお気になさらず。

広告



旬月神楽(広島市西区庚午北)の「金のどらやき」

ドラえもんがどら焼きを好きな理由って知ってます?

ちなみに僕がどら焼きを好きな理由は「甘い」、ただそれだけです( ー`дー´)キリッ

旬月神楽というお店で売っているとのことですが、元々は呉の老舗和菓子屋さん「蜜屋」が広島市に出したお店だったんですね。

蜜屋さんは名前は聞いたことありました。「蜜饅頭」が有名ですよねー。

開封してみるとこんな感じ。

手のひらサイズで見た目は至って普通。まあそんなに見た目が変わったどら焼きなんてないと思いますが。

皮をめくってみると粒あんがこんもりと。

粒が多い粒あんは僕大好きです!

ちなみにカープファンにはおなじみの話ですが、現在解説者で元カープの伝説的選手、前田智徳さんもこしあんよりつぶあん派です。

割ってみると、こんな感じ。

まあ見慣れたどら焼きの断面図ではありますね。

ちなみに現在解説者で元カープの伝説的選手、前田智徳さんは中東選手(元カープ)のお母さんが手作りしたおはぎが好きだったとのことです。

そんなカープの小ネタを挟みながらいただきます!

ぽぽ、食べた

ここで見た目は普通とか見慣れた断面図とかいう言葉を発したことに対して謝罪したいと思います。

確かに見た目は普通なんですが、食べてみるとそこらへんのどら焼きとは違ってました。

まず皮の部分がふんわりふわふわ、要するにふっくらしてると言いたいわけですが、ものすごいソフトなわけです。

結局何が言いたいかというと、柔らかくて美味しいっちゅうことです。

その秘密は炭酸水を使っているということらしいですね。

とにかく皮が美味しいのでこれを食べたらドラえもんも「餡餡餡♪取っても大好きドラえもん〜♪」と歌うことでしょう。

ただ、餡も小豆がしっかりとした食感で食べ応えとちょうど良い甘さが抜群なんですよねー。

ということで「餡餡餡♪とっても大好きドラえもん〜♪」と歌うかもしれません。

まあどうでもいいことばかりを言っているようですが、要するに、さすが老舗の蜜屋さんが出したお店のどら焼きということで、しっかりしたものでした。

買って来てくれた友人曰く、夕方行くと売り切れていることもしばしばとのことなので、気になった人は早めのご来店をオススメします。

美味しかったです!ごちそうさまでした!

ということで今回はこの辺で!

Posted from SLPRO Z

この記事が気に入ったら『いいね!』をお願いします。
役立つ情報をお届けします。

Twitter で



広告




URL :
TRACKBACK URL :

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)