パンコッペ(PANCOPPE) 山口県周防大島で生まれたスイーツは濃厚芳醇クリームが美味!

主夫のぽぽ(@carp0p0)です。

広島は新しいイオン系のアウトレットがこのゴールデンウィークからオープンしてフィーバーしております。

因みに初日行った知り合いから聞いた話では、駐車場に入るのに3時間半待ちだったとのことです。

行く気無くすー。笑

とは言え一度は行ってみないといけませんけど。

そんな広島には実はもう一軒、アウトレットモールがあるんです。

しかもゴールデンウィークなのに空いているという超穴場。

それでいいの?ってツッコミは野暮ですよ。

その名も【広島マリーナホップ】。

そこで【パンコッペ(PANCOPPE)】なる美味しいものを見つけましたので紹介したいと思います。

広告



パンコッペ(PANCOPPE)ってなに?

山口県の周防大島をご存知でしょうか?

広島の人は「大島」と呼ぶ、瀬戸内のハワイとも呼ばれる島なんですが、

温暖な気候と自然豊かな場所です。

そこで生まれたスイーツが【パンコッペ(PANCOPPE)】。

毎日3000個が作られているとのことです。

広島マリーナホップのお土産屋さんみたいなとこで見つけました。

パンコッペ

「芳醇生クリームたっぷり」素敵な響きですね。

パンコッペ

店内に入るとアイスクリームとともに冷凍ケースに入ってました。

ん?冷凍なのか?

パンコッペ

そうなんです、こちら冷凍で売っていて自然解凍して食べるんです。

すぐに食べたかったんですが…まあしょうがない、我慢して家に持ち帰り。

パンコッペ

夜中、子供達が寝静まった頃にこっそりと。

パンコッペ

今回購入したのは一番人気と書かれていた、プレーン。

パンコッペ

大きさは手のひら大ですね。

パンコッペ

中にはぎっしりと詰まった特製クリーム。

ということでいただきました!

ぽぽ、食べた

ふわふわ軽いコッペパンにぎっしり詰まったクリーム。

しっかり濃厚、でも重すぎないという絶妙なところを突いています。

正直、クリームパンと何が違うの?と訝しながら頬張ったんですが、しっかりとこだわりが詰まっている本格的なスイーツでした。

我が家の近くに店舗があったみたいなんですが、いまは閉店してしまっているのがとても残念。

気になった方は是非マリーナホップへ。

ということで今回はこの辺で!

Posted from SLPRO Z

この記事が気に入ったら『いいね!』をお願いします。
役立つ情報をお届けします。

Twitter で



広告




URL :
TRACKBACK URL :

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)