地方在住ライター会議 〜脱・東京の働き方〜 に参加してきた。『地方で書く』の実際はいかなるものなのかを学ぶ。#ライター交流会

主夫のぽぽ(@carp0p0)です。

先日まで東京に行ってたってことはいろんなとこに書いているので、当ブログを読んでくれている方々はご存知だとは思いますが、今回はスケジュールを目一杯詰めていろんなところに顔を出してみました。

今日書くのは、東京で最後の最後、夜行バスに乗る直前に参加したイベントです。

その名も【地方在住ライター会議 〜脱・東京の働き方〜】。

僕自身、地方在住ではあるけれどライターなのか?と問われるとそこまでの実績もまだ無いんですが、勉強のために思い切って足を踏み入れてみました。

結果としては、

『飛び込んでみてめっちゃ良かった!』

てことで、今日はそのことについて。

広告

【地方在住ライター会議 〜脱・東京の働き方〜】ってどんな会?

読んで字のごとく、地方在住でライターとして活躍している方々の赤裸々な話を聞いて、その後交流を深めようというイベントでした。

会場は東京・五反田のコワーキングスペース「CONTENTZ」

IMG 6319

リンク先を除いてもらえればわかると思うんですが、とっても雰囲気が良くて近所にあったら速攻契約してしまいそうなコワーキングスペースです。

中の様子とかもレポートしようと思ったんですが…。

当日、イベント参加者は契約とかしてなくても早めに来て仕事したりしていいよーなんていう太っ腹ぶりだったので、僕が到着した段階で既に大盛況の大入り満員状態。写真もちゃんと撮れませんでした。苦笑

でも本当に素敵な場所でしたよ。

IMG 6322

んで今回のイベント、実際に地方でライターとして活躍されているお三方のトークセッションを最初に聞かせてもらいました。

登壇されたのは、

地方を拠点に活躍されたり、地方を旅しながら活動されたりしている方々です。

コーディネーターとして会場のコワーキングスペース「CONTENTZ」を運営されているコンテンツメーカー 有限会社ノオトの代表取締役、宮脇淳さんがトークを回すという形でした。

基本的には地方の生活や地方在住ならではの話、これからの地方在住ライターについてなどをQ&A方式で答えていくという流れでしたが、家賃や原稿料、生活水準など赤裸々な話も出てきたりと、終始和やかな雰囲気ながら、ためになる話が盛りだくさんでした。

当日の詳しい流れや内容はツイッターで実況してくれた方々がいるので、そちらにお任せします。

#ライター交流会で検索されるか、リンクからどうぞ!

トークセッション終了後、懇親会という形でいろんな方とお話しさせてもらいましたが、新潟のライターさんと知り合えたのは本当に嬉しかったです!

現在主夫の僕としては、どうしても繋がりは子供関係とか子育て関係に偏りがち。もちろんそれはそれで楽しいんですけどね。

僕はブロガーですが…なんというか、【新潟でモノを書いている】という人に初めて知り合えたという感動!丸山さん、これからも宜しくお願いします!

夜行バスの時間ギリギリまでいたんですが、もう少し長く滞在していろんな人と話してみたかったなぁ。贅沢ですけど。

ぽぽ、考えた

最近、地方や地域というテーマに対してめっちゃビンビンきてます。

現在は新潟在住でその前は岡山に住んでいたり、出身も広島。

まさに地方で育ってきた僕ですが、横浜にも4年間住んでいたりして、一応地方と都市部の両方を経験しています。

今回の東京出張では完全にお上りさんな感じになってしまいましたが。

でも地方とか都市部とか関係なくその土地ごとに良い部分があって、これまで住んだことがある土地はそれぞれ楽しい場所でした。

んで、特に今住んでいる新潟や地元の広島は特に思い入れが強かったりするので、地域ネタとしてブログにも書いて発信しています。

その根底にはお世話になったぶん、その土地の魅力をいろんな人に知ってもらいたいってのがあるんですよねー。

だから地域ブロガーの会とかに参加してみたり、地方在住ライターの方々がどんな活動しているのかめっちゃ興味があって。

【関連記事】地域ブロガーの会【2017Winter】に参加してきた!運営方法から赤裸々な話まで全てが勉強になりました! #地域ブログ | 主夫のぽぽさん

なんかすごく大げさな話になってしまいますが、こんな僕でも地域貢献みたいなものが出来れば楽しいだろうなぁなんて考えるわけです。

最後はバタバタしてしまいましたが、有意義な話を聞けたり、いい出会いがあったりと濃密な時間を過ごすことができました。

お話を聞かせてくださった、登壇者の方々、参加者の方々には感謝です。

ありがとうございました!

ということで今回はこの辺で!

この記事が気に入ったら『いいね!』をお願いします。
役立つ情報をお届けします。

Twitter で
URL :
TRACKBACK URL :

COMMENTS & TRACKBACKS

  • Comments ( 0 )
  • Trackbacks ( 1 )

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)