あの逃げ恥にも登場したシロカの電気圧力鍋がすごい!家族4人なら「SP-4D131」というモデルが良いよ。

主夫のぽぽ(@carp0p0)です。

年始の逃げ恥スペシャル観ました?

育休中なのに出社してる!とかいうことでつい最近もまた話題になってたりしてますが、まあそんなことをいちいち気にするのではなく、全体的によかったねー面白かったねーでいいんじゃないの?って僕は思っちゃうわけですが。

まあそんな逃げ恥の話はまた語っていきたいと思いますが、僕的に気になったというかあのドラマを見ていてめちゃくちゃ目についてしまったのが、平匡さんもお勧めしていた電気圧力鍋ですよ。

平匡さんは「料理は科学」と言い切っていました。それもこの電気圧力鍋があったからこそ言えることだと思いますし、実は我が家でも同じメーカーの容量違いを使っています。

IMG 3577

はい、これ!

シロカの電気圧力鍋「SP-4D131」というモデルです。

シロカの電気圧力鍋「SP-4D131」

我が家で使っているのは「SP-4D131」なんですが、平匡さんが使っていたのは大きさやみくりさんと2人暮らしという点から推測して「SP-D131」というモデルじゃないかと。

要するに容量違いです。我が家のは4人家族用。

僕がこのシロカの電気圧力鍋を選んだ一番の理由は「デザイン」です。

電気圧力鍋と言えば「ホットクック」という名前が真っ先に挙げられると思いますし、通販番組ではその他にも便利そうなやつがいろいろ販売されてたりします。

ただ、どれも色や形がなんだか違和感…。僕や妻の好みでは無かったんですよね。

もちろん「ホットクック」はかき混ぜてくれたりするし、その他のものも機能面でシロカには無いものがあったりするんですが、それらは我が家にとってはオーバースペックで、「ある程度放っておいて料理ができる」というのができれば満足だったんです。

だったらこのシンプルな見た目が良いんじゃないかと。

ドラマの中の津崎家でも台所に置いて違和感ない感じだったでしょ?

IMG 3580

レシピもちゃんとついてますので、この通りにやればおいしく出来ますし、ネットで検索すればシロカで作ったというレシピが載ってたりします。

僕はきむおば(@kimoba3)さんの以下のレシピなんかも参考にしています。

IMG 3581

豚の角煮、スペアリブなどは柔らかくてホロホロの美味しいものが出来ますし、大豆の水煮や正月の黒豆なんかもこれで炊きました。

何と言っても火加減などを全く気にする必要がないというのが良いです。

“火を見て調節しながら”というのは料理の中で結構な負荷なんだというのを実感していますし、これが無いだけで料理は一気に楽になります。

ぽぽ、考えた

このシロカの電気圧力鍋「SP-4D131」を使い始めて3ヶ月以上。

使ってみてものすごく良いものだと感じてますし、嫌いな料理が少し楽になりました。

家事がしんどいと感じるなら文明の利器には頼りましょう!

食洗機、ルンバと並んで、電気圧力鍋は買って損は無いものだと自信を持って言えます。

そんな中でもこのシロカの「SP-4D131」は家族が3人以上で、機能はそこそこでいいからインテリアとしても違和感のないシンプルな外観を求めるという人にはうってつけです。

こちらは2Lのやつ。

4Lはこちら。

オススメです。

ということで今回はこの辺で!

メルマガ始めました!

僕の発信(ブログ、YouTube、Podcastなど)を一つにまとめたものをメルマガとして配信しています。

登録は以下にメールアドレスを入れて”Subscribe”という青いボタンをボチっとしてもらうだけです。

わざわざ自分からブログを読みにいったり、Podcast関連のサービスで検索しなくても、メールでお届けさせていただきます。

メルマガ登録解除もボタン一発で簡単ですので、お気軽に登録してもらえると嬉しいです。

この記事が気に入ったら『いいね!』をお願いします。
役立つ情報をお届けします。

Twitter で

この記事を書いた人

ぽぽ(片元 彰)

ぽぽ(片元 彰)

兼業主夫です。
NPO法人 ファザーリング・ジャパン中国代表。
時短家事コーディネーター。家事シェアコンサルタント。
夫婦関係を良くするコンサルティングも行っています。
タスク管理の最強ツール、タスクシュート時間術を実践中。
このブログでは僕自身が経験したこと、考えたことを書いています。

夫婦でYouTubeやってます。
夫婦でお送りするYouTubeはこちら
noteも書いています。
ぽぽのnoteはこちらから
YouTubeでは妻と夫婦関係について、
noteでは「時間管理」「タスク管理」をテーマに書いています。

広告