みかんのじいちゃんのこと

主夫のぽぽ(@carp0p0)です。

僕の父は広島県の倉橋島という島出身です。

祖父母はその倉橋島でみかん農家をやっていました。

おかげで僕はみかんをお店で買う気がしません。冬になると段ボールいっぱいのみかんが家に送られてきていましたが、正直言って食べるのに飽きるくらいでした。贅沢な話ですが。

その父方の祖父が一昨日、95歳で亡くなりました。

僕は幼い頃、父方の祖父のことを「みかんのじいちゃん」と呼んでいました。

当然、みかんを送ってくれるじいちゃんだからです。

僕は高校を出てから広島を離れていたし、そもそも実家から倉橋島も少し距離があるのでそんなに頻繁に会えていたわけではありません。

でも、秋頃になるとみかん狩りに行くこともありました。我が子(じいちゃんからするとひ孫になります)も連れて何回か行きました。

みかんのじいちゃんは知的で好奇心旺盛な人でした。

一緒に新聞を読みながら政治のことや経済のこと、時事ネタなどいろんなことを教えてくれました。

歳を重ねても新しいことにチャレンジする人だったので、90歳になろうかという高齢になっても自分でデジカメで撮った写真をPCに取り込み、自分でプリントアウトするということをやってました。

そんなみかんのじいちゃんを尊敬していました。

当然ですが、みかんのじいちゃんがいなければ僕はこの世にいなかったわけで、悲しいけど感謝の気持ちを込めて見送りをしてきました。

じいちゃん、ありがとうございました。

この記事が気に入ったら『いいね!』をお願いします。
役立つ情報をお届けします。

Twitter で

この記事を書いた人

ぽぽ(片元 彰)

ぽぽ(片元 彰)

主夫です。(専業ではありません)
タスク管理の最強ツール、タスクシュート時間術を実践中。
NPO法人の理事として企業の働き方改革のお手伝いやセミナー、コンサルタントとして主に子育て中のママやパパの時間管理、タスク管理の相談に乗っています。
このブログでは好きなこと、好きな考え方などを自由に書いています。

広告