柳月の三方六というバウムクーヘンをもらって食べたら美味でした。

主夫のぽぽ(@carp0p0)です。

近所の天満屋というデパートに北海道展が来てるらしく、のぼりを見るたびに気になってしょうがない僕です。

参照:六花亭のマルセイバターサンド愛を語ってみたけど、それよりも口づけを交わそうとはならない。 – 主夫のぽぽさん

そんな北海道と言えば美味しいものがたくさんありますが、今日はいただいたお菓子を紹介したいと思います。

僕は全然知らないものだったんですが、【柳月の三方六】です。

柳月 三方六

このお菓子を作っている株式会社 柳月という会社さんは河東郡音更町という僕からすると全く馴染みのない所にあるんですが、要するに十勝地方辺り?なのか?

長男くんの友人のママからいただきました。

IMG 4296

この「三方六」というお菓子は実は50年以上愛され続けているお菓子らしく、モンドセレクション最高金賞も受賞したことがある銘菓。

まだまだ知らないことが多いんだなー。やっぱり北海道はでっかいどうなんですね。

IMG 4297

パッケージからは全くどんなお菓子かは想像できず、とりあえずバウムクーヘンだよ、という情報だけは得ていたのですが、開けてみてちょっと感動しました。

なんか美味そう!

IMG 4298

冷やしすぎてもダメ、絶対!

IMG 4299

包みを開けてみると、これまた結構感動!

なんかシャレとる!

IMG 4300

こんな風に一口サイズに切ってあるのも気が利いてますねー。良いですねー。

IMG 4301

IMG 4302

ということでいただきました!

ぽぽ、食べた

一口食べると上品なバウムクーヘンの甘さが口の中に広がります。

外側のホワイトチョコとミルクチョコは見た目甘そうに見えますが、甘ったるくないというのが良いです。

そして生地のしっとり感。

しっとりねっとりという食感が美味しさを引き立てます。

これまで北海道展に行っても正直あまり気にしていなかったものではありますが、やっぱり北海道はでっかいどうなので、いろんなものを見ないとなぁと一人反省しながら、近所の天満屋に足が向かうのでした。

マルセイバターサンド食べたい!

ということで今回はこの辺で!

この記事が気に入ったら『いいね!』をお願いします。
役立つ情報をお届けします。

Twitter で

広告