直虎終わっちゃったね【寝ても覚めても主夫】

主夫のぽぽ(@carp0p0)です。

今その話?って思われるかもしれませんが、おそらく今年最も視聴したテレビ番組なので。

大河ドラマはここ数年で好きになりました。

僕自身、日本史は好きな教科ではなかったんですけど、こうして話題の俳優さんが演じたり、好きな脚本家だったりすると面白いものだなと思い、見始めました。

そうすると、歴史をもっと勉強しておけばよかったなと思ったりもするんですよねー。

まあそんなことは置いておいて。

今年の『おんな城主 直虎』。

面白かったですねー。

一年に渡るドラマなのでポイントを一言で言い表すのは難しいですが、「小野政次の晩年が…」と言うとありきたりすぎて面白くないので、「中野直之」と「松下常慶」と「傑山」の3人を僕のツボとしてあげたいと思います。

市原隼人さん、いい俳優さんです。男の僕から見てもかっこいいなーって思える。

最終回の直虎がなくなってお経を読むシーンなんて素晴らしく惹きつける演技だなと。

そして松下常慶って生涯どれだけ歩いたんだろ?ってのが知りたい。

視聴率はワースト2だったとか言われますけど、まあもう視聴率なんてあって無いようなものかなとも思いますしね。

実際我が家もリアルタイムで観たことなんて無かったし。

次は西郷隆盛ですねー。

好きなのは幕末より戦国時代ですが、まずは見てみたいなと思います。

この記事が気に入ったら『いいね!』をお願いします。
役立つ情報をお届けします。

Twitter で

広告

この記事を書いた人

ぽぽ(片元 彰)

ぽぽ(片元 彰)

ぽぽ(片元 彰)

主夫やりながら働き方改革のコンサルティングをやりながら、NPO法人の理事やったりしてます。
「毎日の行動を1分単位で記録を取る」のが趣味です。
このブログでは好きなこと、好きな考え方などを自由に書いています。