「細切れの仕事」と「仕事を終わらせない」。これが幸せな生き方のカギなんじゃないかと思う。

主夫のぽぽ(@carp0p0)です。

またもやイケハヤさん(@IHayato)の記事なんですけどね、

さすがに僕はブログを10分で書き終えるだけのスキルをまだ持ち合わせていませんが、大事なのは、

「仕事の単位を細かくすると、育児をしながらでも生産的に仕事をすることができるんですよね。理論的には。」

という部分だと僕は思ってて。

もちろん、仕事によってはそんなの無理ゲーってものもあると思いますし、もしかすると現在世の中にある仕事の大半はそういうものなのかもしれない。

でも、僕はこの「細切れの仕事」ってのは「仕事を終わらせない」ってのと繋がってくるんじゃないかと思うんです。

仕事は終わらせない。取りかかるだけにする。

僕も一度記事にしましたが、

参照:「仕事を終わらせる」ことをやめるようにしています – 主夫のぽぽさん

シゴタノ!の大橋悦夫さんが提唱されているのが「仕事は終わらせない。取りかかるだけにする」というものです。

これは仕事に取りかかる上で負荷のかかるもの、ハードルの高いものに向かうときにとても有効なんですけど、これをやってると自然と仕事は細切れになってくるんです。

集中して一気に進めた方が効率が良いという考え方、それも一理あると思います。

でもね、僕はこの「仕事は終わらせない。取りかかるだけにする」という考え方を取り入れた方が効率的な生き方ができるようになりました。

ここであえて生き方と書いたのは、いわゆる仕事(稼ぐ)ということだけではなくて、家族との関係などの「稼ぐ以外の部分」も含めて考えるべきだと思うからです。

生きていくということをトータルで考える

仕事を取りかかるだけにすると「少しだけやる→休む→少しだけやる」の繰り返しなので細切れの仕事が増えてきます。

イケハヤさんのツイートにもありましたよね、「仕事の単位を細かくすると、育児をしながらでも生産的に仕事ができる」と。

最初に少し触れましたが、現状では一気に仕事を進めないといけない、長時間かかってしまう仕事ってのもあることは事実ですけど、それでも何とか「仕事は取りかかるだけにして、細切れの仕事を少しずつ進める」ということが出来るようにならないのかなと思うわけです。

すると、今は転職して働き方変えるとかそういう結論にしかならないのかもしれないけど、それも何か違う気がして。

まあ自分の生き方なんで自分で選択すれば良いと言ってしまえばそれまでなんですけどね。

ぽぽ、考えた

生きていく上で稼ぐことはもちろん大事だけど、それ以外のこともやらないといけないでしょ?

イケハヤさんが言う育児と仕事の両立ってのもやりたいじゃないですか。少なくとも僕はやりたい。

結局のところ、人間関係って大事じゃないですか。

それが幸せかどうかを決めると言っても言い過ぎじゃないと思うし、例えば人生の中で優先順位ってやつがあったとしても、結局は人間関係で決めてるわけで。

その人間関係を大事にする、すなわち、自分の大切な人のために時間を使うためにも、「細切れの仕事」を増やすってのが大事なんじゃないかと僕は思います。

ということで今回はこの辺で!

この記事が気に入ったら『いいね!』をお願いします。
役立つ情報をお届けします。

Twitter で

広告