酒麺亭 潤(新潟県燕市) 世界に名だたるラーメン潤の本店は大人も子供も喜ぶ安定の美味しさ!

主夫のぽぽ(@carp0p0)です。

先日、広島の実家より僕の両親が遊びに来ていました。

二泊三日だったんですが、1日目は子供達が早速じじばばに色々買ってもらって大喜び。

そして2日目は燕三条に行くことにしたんです。

燕三条といえば…

『ものづくり!』と答えたあなた、さすがですねぇ!文化的!

当然のように『ラーメン!』と答えた僕は背脂たっぷりのラーメンを食べるべく、超有名店の【酒麺亭 潤】に向かうのでした。

広告



酒麺亭 潤 新潟県燕市

お店の場所はこちらです。

“潤”と言えば、新潟のみならず全国各地に出店している燕三条ラーメンの代表的な店。

僕も系列店にはいくつか行きました。

最近出来たこのお店も期待を裏切らない美味さでしたね。

GR006522

本店に行くのは今回が初めて。

創業の地ではないようですが、本店としてここに移転してきたようですね。

この日はピークの時間帯は過ぎていたので、行列とまではいきませんでしたが、前に2組ほど待っていました。

GR006523

GR006524

待っている間にメニューを確認します。

基本は左側のマル特ラーメン。全て背脂がたっぷりの燕三条系ラーメンですね。

そこにトッピングとして煮卵や温野菜などをつけることができるようです。

GR006525

GR006526

そのほかのメニューも豊富。

お店の名前が【酒麺亭 潤】となっているように、居酒屋のように使えるお店ですね。

こういうお店好きだわ。

しかも子連れだと嬉しいですよね。ラーメン食べずにチャーハンとか唐揚げとか食べたいって子も結構多いし。

と、まあそんなこんなで僕が選んだのは、丸特中華そばの中油。

ん?中油ってなんだって?

GR006537

このように潤系列のラーメン屋さんでは、背脂の量を選ぶことができます。

実は僕、かなり前に本店ではない別のお店の鬼油を食べたんですが…すごかったです。笑

その時の反省から今回は中油に。

運ばれてきたのはこちら。

GR006527

これでもなかなかの背脂でしょ?

そして特徴的な岩のり。

これを丸特のり中華にするとこんな感じ。

GR006528

うん、黒いでしょ笑

でもこの岩のりがいい味出してるんですよねぇ。

因みにうちの次男くん、この岩のりにハマってました。やっぱ渋いな。

GR006530

玉ねぎもシャキシャキ感がたまらないんですよねぇ。味のアクセントにもなるし。

GR006531

チャーシュー。背脂をまとっています。

GR006533

味付け煮卵。

GR006536

そして麺。極太です。燕三条系の特徴ですね。

GR006534

ということでいただきました!

ぽぽ、食べた

やはり新潟のみならず全国で愛される味ですね!

スープは意外にもあっさりしていて、背脂でこってり加減を調整できる感じです。

注文した中油だと、僕はちょうど良い感じ。

そしてこの麺。

太麺は背脂とスープがよく絡んでくるし、ボリュームも満点!

麺自体の量が多いわけではないと思いますが、満腹感は半端ないです。

一緒だった両親も満足してもらえました。

ラーメン屋にこうして親子三世代で来られるというのは良いですね。

お店の形態によっては難しいけど、ここ【酒麺亭 潤】はそれが可能なので、観光で燕三条に行くといういろんな世代の人にもオススメできます。

ごちそうさまでした!

ということで今回はこの辺で!



この記事が気に入ったら『いいね!』をお願いします。
役立つ情報をお届けします。

Twitter で



広告