【スフォリアテッラ】というナポリ伝統のお菓子を食べてみたらハマりそうで困った。

主夫のぽぽ(@carp0p0)です。

子供達の春休みによって完全に出費がかさんでいる我が家です。

どっか出かけたり、用事があっても一人では立ち寄らないようなところに行ってみたりと、なんだかんだお金がかかってます。

先日も長男のメガネの調整と僕のメガネのクリーニングをしてもらうために出かけたのに、なぜか新潟三越でやってるイタリア展でジェラートを買って食べることになるという。

まあなんだかんだ春休みも今週で終わり。楽しみたいとは思うんですが。

そのイタリア展で何やら気になるものに遭遇してしまいました。

IMG 6583

スフォリア?ん?スフォリアテッラ?

なんじゃそりゃ?って気になったものはとりあえず食べてみたくなるので、買ってみたわけです。

広告

スフォリアテッラってなに?

スフォリアテッラ(sfogliatella)はイタリアのナポリ地方に伝わる伝統的なお菓子。

あ、お菓子じゃなくてドルチェってやつですね。

この名前は『ひだを何枚も重ねた』という意味らしく、当然イタリア語です。

うん、ここまで聞いただけでなんかオシャレに感じてしまう僕なんですが、

IMG 6584

なんか貝がらみたいな形のものがたくさん並んでいますね。

これがスフォリアテッラとやらです。

IMG 6582

ただね、一つ残念なことがここで起きてしまいまして。

ピスタチオ売り切れとるやんけ!

このブログでも何回も言ってるように、なんなら僕が死んだら棺にはピスタチオを敷き詰めてほしいくらいに思っているくらいピスタチオが好きな僕なので、これは購入するかどうかを一瞬躊躇してしまう事態でした。

ちなみに店員さんに聞いてみたところ、焼き上がりまで一時間くらいかかってしまうってよ。

でも、でも、やっぱ食べてみる!ってことで買って帰りました。

GR005539

なんか箱もイタリアっぽい?ナポリテイスト?

そう言われるとなんでもそう見えてくるのが僕です。

GR005540

今回、三越のイタリア展に出展していたのはこの【オスピターレ】というお店。

スフォリアテッラ専門店オスピターレ

日本で一番スフォリアテッラを販売しているお店だそうで、元々イタリアで売られているスフォリアテッラを日本人にあった味に改良して売ってくれているそうです。

お店のこだわりとして当然手作りであることや、通販でも販売しているみたいなんですが、焼いた状態を冷凍して届けてくれるようで、自然解凍するだけで食べられるようにしてくれているみたい。

今回も当然、その場で焼いてくれていたので温かい状態のスフォリアテッラが並んでいましたよ。

てことで、今回買って帰ったのはこちら。

GR005541

セットで買うとお得だったので、プレーン×2、あまおう、マロン、りんご、チョコレートの合計6個を購入。

こちらプレーン。外からの見た目をどれも一緒なのでわかりませんね。

確かに名前の通り、何枚も重なっています。

GR005542

プレーンと言いながら中に何も入っていないとかいうわけではなく、クリームチーズが。

GR005544

こちらはチョコ。

ご覧の通り、ぎっしり詰まってます。

GR005545

てことで早速頂いてみることにします!

ぽぽ、食べた

まず一口食べた感想。

結構硬い!

見た目からクロワッサン的なイメージで口に入れたんですが、重なり合っている記事の一枚一枚がしっかりした食感です。

ただ、このバリっバリ!!の食感がスフォリアテッラの特徴で、確かにこれまでのお菓子には無い新食感ってやつかも。

夕方に買って帰って、食べたのは子供を寝かしつけてからと時間が空いたにも関わらずこの食感は健在でした。

そしていろんな味が楽しめるってのもいいですね。

今回食べた中でお気に入りは【あまおう】。

つぶつぶ食感が美味しいのと、販売しているオスピターレさんが福岡のお店ということで、ご当地食材を使っているというのも素晴らしい!

でもやっぱりピスタチオ…あぁピスタチオ…。

食べたかったなぁ。

もうイタリア展は終わってしまったし、通販かな…。

まあそんなこんなでスフォリアテッラなる新食感なお菓子はクセになりそうな一品でした。

良ければ皆さんもおためしあれ。

ということで今回はこの辺で!

今回出展していたオスピターレさんの通販サイトはこちら

お店は違いますが、楽天などでも売ってるみたいですね。↓↓

この記事が気に入ったら『いいね!』をお願いします。
役立つ情報をお届けします。

Twitter で