五郎 万代店(新潟市中央区東大通 )県外からのお客さんと一緒に!名物【五郎めし】は必ず食べてもらいたい逸品。

主夫のぽぽ(@carp0p0)です。

少し前の話になりますが、新潟に僕の両親が遊びに来ました。

こういう時は基本的に外食になってしまいますが、新潟の場合は美味しいものがたくさんあるので、ある程度どこに連れて行っても満足してもらえます。

ただせっかくの機会なので評判の良い感じのお店が良いかなと思い、いろいろ探してみてこちらのお店に。

【五郎 万代店】を紹介します。

広告

五郎 万代店 新潟市中央区東大通

お店の場所はこちら。

ロケーションは若者が集う万代と新潟駅の中間といったところ。

この辺りって僕が住んでいる地域からだと正直そんなに行く機会が無いんですよね。

だからこういうちょっと特別な時に。

因みにこちらのお店、以前記事にしたNIQ MARKETMATERIAL CAFE(マテリアルカフェ)と母体は同じなんですね。

初めて知りました。

GR006538

入り口から階段を登り、2階に上がっていきます。

するとカウンターと座敷合わせて50席くらいのスペース広がっています。

新潟と言えば日本酒ですからね。

壁に貼ってある酒蔵の地図。これ勉強になる!

GR006540

子供達も一緒なので早速注文して、サクッと飲んで帰るのが一番。

ということでメニューを確認しながらどんどん頼んでいきます。

GR006539

先ずはみんな大好き枝豆から。

そろそろスーパーにも並び始めましたね。

新潟ではこの時期は【弥彦娘(やひこむすめ)】という品種になります。

新潟の枝豆は初めて食べると誰しもが驚くレベルのクオリティの高さなので、今回も例に漏れず、両親が美味しいと食べてくれました。

GR006541

こちらは【ウマズラハギの肝和え】。

僕、これ大好きなんです。

ハギの肝ってなんでこんなに美味いの?

GR006544

お造りの盛り合わせ。美しい!

GR006546

梅きゅうりに、

GR006550

日本酒も進みます。

この日は〆張鶴を冷やで。

GR006551

そしてこれがこのお店名物の【五郎めし】!

このままでは何が入っているかわからないと思いますので説明すると、バターライスに筋子、たらこ、イカ、納豆、梅、おかかなどなどいろんなものを混ぜて食べるという『これ絶対まずくなるわけないやん!』ってツッコミたくなるご飯です。

GR006553

混ぜるとこんな感じ。

GR006557

ということで、堪能させてもらいました。

ぽぽ、食べた

新潟の魅力が存分に詰まったお店です!

当然のように日本酒の種類も豊富ですし、食べるものもどれを取ってもレベルが高い。

地元の人が通うのももちろん良いですが、県外からのお客さんと一緒にという使い方がベストかなと。

駅からは少し離れますが十分徒歩圏内です。

この日も日曜日ながらお客さんが絶えることが無いという人気店ですので予約必須。

両親にも満足してもらえました。

とっても美味しかったです。

ごちそうさまでした。

ということで今回はこの辺で!

この記事が気に入ったら『いいね!』をお願いします。
役立つ情報をお届けします。

Twitter で