Pittabari 藤巻百貨店の浅履きフィット靴下が人類の永遠の課題を解決した!メンズにもオススメ!

主夫のぽぽ(@carp0p0)です。

暑くなってきましたねぇ。

幼稚園に通う次男くんは未だにスパッツを履きたがるんですが、なぜなんでしょう?

こういう季節になってくると、ボトムスをロールアップでデッキシューズやら何やらを履きたくなってくる、すると大事なのは靴下。

いわゆるフットカバーっていう、めちゃくちゃ短いやつがあるじゃないですか。

こういうやつ。

A0a4ad47c4fb76b305095c14e9767033 s

これ、正直昔は女性が履くものなのかなぁと思ってたんですが、石田純一に憧れ、常に裸足でいたいけど足が蒸れるなぁという僕みたいな男性には救世主となっています。

ただですね…とにかく脱げてしまう。

こういう経験ないですか?

友人の家にお邪魔する。

『お邪魔しまーす!』

スルッ。靴とともに脱げて踏み出した一歩目は裸足。

履き直しても、もうゴムが伸びてしまってるのか、さらに何度も履き直す始末…。

そんな、人口減少とともに人類の課題と言えるであろう、『フットカバーってすぐに脱げちゃうよね問題』に終止符を打ってくれるモノを見つけてしまいました!

早速紹介します!

広告

Pittabari 藤巻百貨店

その名は【Pittabari】。

販売しているのは藤巻百貨店。Facebookなんかに広告が流れてきて、僕はいつもボチッとしちゃいそうになるんですが。

この商品を知ったのは、琴市しづかさん(@koto1com)

自分の心を守れるのは、自分だけ – 自分の心を殺してはいけない

というブログのこの記事。

読んですぐに欲しくなっちゃってポチッとなと。

因みにこの琴市しづかさん(@koto1com)のブログ、他の記事もぜひ読んでみてもらいたい!

僕もこういう記事を書けるようになりたい!

私は貝になりたい。

そんなどうでも良いこと言ってる間に届きました!

GR006148

色違い(ネイビーとブラック)で二足買ってみました。

後々、この判断が功を奏すわけですが。

GR006149

GR006150

裏面には説明書き。

日本製。職人が手作業。いい響き。

GR006151

作っているのは【たばり繊維加工】という会社なんですね。

調べてみると、『滑り止め付き靴下』の専門店という文言が。

ニッチだなぁ、でも需要もあるんだろうなぁ。

GR006152

開封してみました。

すみません、こちらネイビーなんですがちょっと明るめに写ってしまいました。

GR006153

ご覧のように履き口全面にシリコンが貼り付けられています。

GR006154

GR006155

実際に履いてみました。

GR006157

外見は全く普通のフットカバー。

GR006158

スニーカーを履いてみます。

GR006162

素足で履いているかのごとく。

デッキシューズなんかに合わせてもいいですよね。

GR006161

ただね、はっきり言って見た目は二の次。

大事なのは脱げるか脱げないか!

てことで1日過ごしてみました。

マジか!?全く脱げない!

これには結構な衝撃を受けました。

この日はPTAの用事があって学校に出入りしたり、一日中外に出ていたんですが、一度も脱げることはありませんでした。

学校に出入りするとなると、当然靴は脱いだり履いたりという動作もあるし、結構激しく動くことがあったにも関わらずです。

【Pittabari】恐るべし!

ぽぽ、考えた

人類の永遠の課題だと思っていたことはすでに解決されていたんですね。

全面にシリコンを貼るということで脱げることを防ぐという、よく考えると当然のアイデアなんですが、それをやってのけるというのはさすが【滑り止め付靴下専門店】とそれを見出す藤巻百貨店だなと。

履き心地も全く違和感は無いですし、できるならこれからの季節毎日履きたい!と思うくらいなんですが、

GR006182

先日破れてしまうという…。

履いたその日でした。

PTAの歓送迎会で行ったお店の座敷にあった突起物に引っ掛けてしまい。

当然ですが、この商品が破れやすいとかそういうことではありません。

二足買っておいて良かったなぁということです。

これ買って一度履いてしまうと、他のフットカバーには戻れない気がする。

それくらい僕は気に入ってしまいました。

琴市しづかさん(@koto1com)ありがとうございました!

目指せ石田純一!

ということで今回はこの辺で!

気になった方はこちらの
藤巻百貨店のページからどうぞ!

この記事が気に入ったら『いいね!』をお願いします。
役立つ情報をお届けします。

Twitter で