予防接種無しでインフルエンザにも大きな病気にもならなかった私がこの冬試した唯一の体調管理方法

こんにちは、ぽぽです!

春ですねー。新潟でも桜は満開に近づいてきています。
季節の変わり目は体調を崩しやすいと言いますが皆さんはいかがお過ごしですか?
さすがにもうほとんどいないとは思いますが、インフルエンザは2015-16年の冬にも猛威を振るっていましたね。
幸いなことに我が家は誰もインフルエンザには罹らず、大きな病気にもなりませんでした。
しかも今シーズンは予防接種もしていませんでした。
もちろんたまたま運が良かったと言われればそれまでですが、それでも風邪の症状すらほとんど無かったのいうのはこれまでの傾向からすると奇跡に近かったんじゃないかと。
そんな私がやっていた予防方法を紹介したいと思います。
それは
口にテープを貼って寝る!
です。

広告

口呼吸より鼻呼吸

この口にテープを貼って寝るというのはブログ・ブランディング塾でお世話になっている、立花さんのメルマガに何気なく書いていた方法でした。
そこから色々調べてみると、口呼吸よりも鼻呼吸の方が風邪をひきやすかったりというデメリットがあるそうです。

口呼吸によって起こる9つの危険と6つの改善方法

ということで今はこんな商品も出ているみたいですね。

もちろん余裕があればこういった商品がいいんだとは思いますが、最寄りのドラッグストアには置いていなかったということもあって、私は絆創膏を貼っています。

試してみると本当にインフルエンザにも罹りませんでしたし、風邪の症状もほとんど出ませんでした。
何より喉が痛いということが減りましたね。
そして何より普段から口を閉じるということを意識できるようになりました。
昔からぼーっとしてると口開いてるよと言われていたので(笑)。
私には効果抜群だった【口にテープを貼って寝る】。
地味ですがオススメですよ。

因みに以上は個人的な見解ですので効果のほどは保証できません。あしからず。

ということで今回はこの辺で!

この記事が気に入ったら『いいね!』をお願いします。
役立つ情報をお届けします。

Twitter で