【道の駅 たたらば壱番地】で見つけたお土産シリーズ第二弾!『松田十郎商店 さば塩辛』にサバ好きが唸った!

主夫のぽぽ(@carp0p0)です。

キリンさんが好きです!でもサバさんの方がもーっと好きです!

わからない方はこちらをごらんください。

懐かしいと思ったそこのあなた、僕と同世代です。笑

まあとにかくですね、サバに目がないんですよ。

この世に魚が一種類しか生き残れないとしたら全力でサバを応援するくらい、もしくはドラゴンボールを集めて神龍に願いを叶えてもらえるなら、サバに永遠の命を与えてあげてってくらい、あるいはフランス語で『元気?』ってずっと言ってたいくらい。

特に〆さば。

あれって調理する人によって締め具合が違ったりするんですが、絶妙の締め具合のやつに当たったりすると、僕も締めてほしい!ってなります。

意味わからないくらいのサバLOVEな感じを語ってみましたが、本題はここからなので離脱しないでくださいね。

先日、雲南市にある【道の駅 たたらば壱番地】がアツい!って記事を書きました!

【関連記事】ままたまご 島根県雲南市の【道の駅 たたらば壱番地】で『ままたまごぷりん』を食べたら幸せな気分になった。 | 主夫のぽぽさん

んでまあ何がアツいかって、美味しそうなお土産が数多く並んでいたってとこなんですけど、その中でもまず一番に気になったのが、今日紹介する【サバの塩辛】です!

塩辛と名がつくものが僕は好きで新潟駅のぽんしゅ館に置いてある白魚の塩辛なんてたまりません。

しかもサバって!モチのロンで即買いでした!

広告

松田十郎商店 さば塩辛

今回買った場所は【道の駅 たたらば壱番地】です。

お店を物色していると…

GR004294

さばの塩辛の文字が!

しかも各種メディアでも紹介されているようで、石原良純さんが大絶賛してたり、ビートたけしさんと国分太一さんの番組でも地域の特産品部門で日本一!

こりゃすげぇの見つけちゃったんじゃね?って感じでテンション上がりまくってレジで精算を済ませ、その場でオープン!白飯の上に乗せていただきます!

なんてことは出来るわけないので、はやる気持ちを抑えながら、

GR004298

はい、持ち帰ってきましたよ!

GR004430

だいたい瓶の大きさはiPhone SEと同じくらいですね。

なんでiPhoneと比較したのかは自分でもわかりません。

GR004431

原材料はサバと塩のみ!

いさぎよい!!

賞味期限も約一年と長めです。

そしてこの『松田十郎商店』。地元の美保関や境港で水揚げされた鮮魚などの加工品を作っているお店のようです。

ちなみにこのさばの塩辛は美保関では庶民の保存食として古くから食べられていたようです。

GR004432

レシピもいただきました。

パスタと絡めるなんてめっちゃ美味そう!

GR004433

ということで開封してみまして、

GR004444

食べてみますよ!

それではいただきまーす!

ぽぽ、食べた

こ、こ,これは!

食べた瞬間、まずサバが生の食感なことに驚きます。

勝手に火を通したサバだと思っていたんですが、生のまま皮付きでぶつ切りにしてるんですね。

なので正直、皮が口の中に残る感触はあります。

肝心の味ですが、塩辛い!でも美味い!

口に入れた瞬間、『日本酒!』って叫びたくなります。

もちろんビールもいいんですが、この感じは間違いなく日本酒でしょう。

結構な塩分(梅干しと同じく10%以上)を感じますので、さっきの箸でつまんでた量くらいをちょっとずつ食べるのがいいと思います。

少量をちびちび食べながら日本酒もちびちび飲む、最高ですね!

青魚特有の味や匂いはもちろんありますが、これが好きな人にはたまらん味です。

酒のつまみとしての話ばかりしてしまいましたが、もちろんご飯のお供にしても間違いないと思いますよ。

僕はなんとなくもったいないような気がしてやってませんが。

ということでこれは大ヒットの予感!特に自分の中で!笑

毎晩の楽しみが増えちゃいました!

ごちそうさまでした!

てことで今回はこの辺で!



この記事が気に入ったら『いいね!』をお願いします。
役立つ情報をお届けします。

Twitter で