育休取って大変だったって話も大事だけど、楽しかったって話をしてみようと思う。

主夫のぽぽ(@carp0p0)です。

最近この手の話題、多くないですか?

パパが1カ月半の育休を取ってみて世間のお母さんのスゴさを思い知る (Impress Watch) – Yahoo!ニュース

たまたまなのかなぁ、それとも僕がそういう所にアンテナ張ってるから?

育休取ってみて大変だったって話、すごくリアルなので伝えるのは大事なことだと思います。

未だに育児休業は本当に『休業』だと思ってる人が多いですしね。

『休業』ではなく『修行』ですから。笑

んでいつも読んでるももねいろ | 人生で大切なお金や家のこと、毎日の生活に役立つことがわかるブログでもこんな記事が。

育児休業明けの職場復帰後に会社に文句を言うのはやめよう。世の中思い通りならないことに気づこう | ももねいろ

まさにこの通り!ぐうの音も出ないんですが、育休大変ダァとか育休明けの仕事が憂鬱ダァって思ってると、育休取りたい人が相変わらず少ないままになってしまうかもしれません。

お前がそんなこと危惧しなくても大丈夫だよって突っ込まれそうですが、まあまあ聞いてください。

ではでは、育休取った男が楽しかったことや良かったことをとにかく楽しそうにお話ししてみたいと思います。

広告

育休取ってよかったぜぇ!

1.四六時中子供と一緒に居られるぜぇ!

まずは何と言ってもこれでしょう!

どこに行ったって、誰と会ってたって、お風呂に入ろうがトイレで用を足そうが、ずっと一緒にいることができます。

どれだけ愛し合った二人でもトイレに一緒に入ってくれる相手なんているでしょうか?

そうかそうか、そんなに父ちゃんと一緒に居たいのか?と。

用を足しながらスマホは見れませんが、可愛い泣き顔を見ることができる。

幸せだなぁ。やっぱ育休は楽しい!

2.子供の成長を見て感じることができるぜぇ!

子供の成長は早い。

特に赤ちゃんの頃なんて日に日に出来ることが増えていく。

赤ちゃんの成長で見逃しがちなものといえばやはり『寝返り』だ。

それも四六時中一緒にいれば見ることができる。

寝返りしそうで出来ないの繰り返し。

頑張ってる姿が愛おしい。

でもごく稀に、育休取ったのにその瞬間を見逃す人もいるらしい。

あ、僕です。

でも幸せだなぁ。やっぱ育休は楽しい!

3.早起きになれるぜぇ!

朝、小鳥のさえずりが聞こえる前に健やかな鳴き声で僕の目を覚ましてくれる、我が子。

まだまだ薄暗い、いや真っ暗闇な窓の外。

時計を見ると短い針は『2』を指している。

そんなに父ちゃんと一緒に居たいのか?よしよし。

しかも父ちゃんの朝活のために目を覚ましてくれるなんて!ありがとう!

抱っこします。腕の中には天使がいました。

幸せだなぁ!やっぱ育休は楽しい!

4.新たな友達ができるぜぇ!

育休を取ると、それまでとは違った出会いがある。

これは生活リズムも出没場所も変わってくるから。

当然だが仕事をしている時の日中に公園に行くのは、昼寝をするかサボるときくらいしかないだろう。

ましてや地域の公民館なんて存在すら知らないこともある。

それが育休を取ると昼間から堂々とそこに行くことができる。

そこでの出会いはかけがえのないものになるだろう。

友達も沢山できる…はず!

まあほとんどがママか子供だけどね。

幸せだなぁ!やっぱ育休は楽しい!

5.電話がかかってこないぜぇ!

携帯電話?なにそれ?美味しいの?

育児休業という長期の休みを取ると、最初の頃は鳴っていた電話も徐々にならなくなり文鎮化していきます。

かけてくるのはどこから情報を仕入れたのか、マンションのセールスと親族くらいです。

常に電話を持っていて、いつ鳴るかわからないストレスフルな状態から完全なストレスレスな状態に持っていくことができます。

寂しくなんかないぜぇ!仕事したくなるなんて全くないぜぇ!

だって背中には寝息を立てる可愛い天使がいるんだぜぇ!

幸せだなぁ!やっぱ育休は楽しい!

6.いろんなことが気にならなくなるぜぇ!

小さい我が子を抱いて長時間接していると、この子のために何が出来るだろう?って考えるようになります。

てかこの子のためならなんでも出来るなとも思えるようになります。

そうすると、自分が今何をしなくちゃいけないのか、そのためにはどうするべきなのか、そこに突き進むためには周りの目なんか気にしてられない、なんて考えられるようになります。

僕はそうなりました。

すると周りに流されず、自分がやるべきことをやれるようになります。

きっとそうなるはず!

すると細かいことを気にしている暇なんてないと思えるはずだぜぇ!

幸せだなぁ!やっぱ育休は楽しい!

7.いろんなことを気にし始めるぜぇ!

さっきと真逆です。

これまで目に入らなかったものがどんどん入ってくるようになります。

この値段の野菜は安いのか高いのか?この公園の遊具は危険じゃないのか?地域のおっちゃんおばちゃん達は何をしているのか?その他もろもろ。

考えつかなかったようなことを考えられる自分に気がつきます。

僕はそうなりました。

あ、なんかさっきと一緒ですね。

兎にも角にも、

幸せだなぁ!やっぱ育休は楽しい!



ぽぽ、考えた

それお前だけだろ!?的なツッコミが来そうな気はしますが、とにかく僕は育休取って楽しかったんです。

だから当時勤めていた会社や上司、同僚には感謝の念しかありません。

今は主夫なので当たり前のように、それこそ呼吸をするように子供と接していますが、当時はそれが当たり前じゃなかった。

とにかく子供と触れ合いたかったんです。

それを叶えてくれたのが育児休業という制度でした。

もちろん、こんな風に思えない人も沢山いるってか、思えない人の方が多いかもしれない。

でもやっぱり育休取りたいって思ってる人がいたら躊躇せず取ってほしいし、会社も邪魔せずに取らせてあげてほしいなと思うし、そんな社会になればいいなぁなんて考えながら今日は締めます。

ということで今回はこの辺で!

この記事が気に入ったら『いいね!』をお願いします。
役立つ情報をお届けします。

Twitter で