遂にパパ・クオータ制が導入されるらしいよ!【損するくらいなら…精神】と制度と、もう一つ重要なこと。

遂にパパ・クオータ制が導入されるらしいよ!【損するくらいなら…精神】と制度と、もう一つ重要なこと。

主夫のぽぽ(@carp0p0)です。

遂に、遂にですよ!『パパ・クオータ制』が導入されるってさ。

育休:延長分の一部、父親に割り当て…厚労省、法改正検討 – 毎日新聞

ん?もしかして…何それ?って感じですか?

簡単に説明すると、育休を父親にも割り当てて、その期間父親が育休を取らなければ育休を取る期間が短くなってしまうので損しちゃいますよ〜って制度です。

これによって北欧諸国の男性育休取得率は飛躍的に上がりました。

日本でも取りたいと思っている人は多いので、おそらく取らなければ損をするってなるとみんな取ります。

てかそれを願ってます。

ただ今回は育休期間の延長とセットになっている…なんてことも書かれているので、今後詳細はどうなるのかってのが注目です。

そもそも育休期間延長してもそんなに取る人いるの?って感じですが。

女性活躍だなんだ言ってるのにねぇ…そんなに休んだら仕事の感覚取り戻すの大変だったり、復帰できなくなるって思ったりしそうですし。

まあそんなこんなありますが、初めの一歩としてこの動きは素晴らしい!

そもそもNPO法人ファザーリング・ジャパンが何年も前から提言していることなので、嬉しいですね!

広告

本当に制度って大事だよなぁ

パパ・クオータ制に関しては本当に実現してほしいなって思ってます。

子育ては期間限定ですからね!

しかも自分自身が育休を取って楽しかったし、本当に良かったなって今でも思っているから。

そしてこれに関してもう一つ思うことは、制度を整えることって大切だよなってことです。

だって普通に考えて『育休取らないと損する』ってなったらみんな取りますよね?

これってつい先日書いた、長時間労働についても同じことが言えるんじゃないかなと。

【関連記事】長時間労働撲滅プロジェクトに賛同、署名しました。自分なりに考えたこと。 | 主夫のぽぽさん

「労働時間に上限を設定する」「インターバル規制を義務化する」、要するに長時間労働を撲滅するための制度化を訴えているわけで。

もちろんこういう流れに賛成なんですが、もしかするともう少し突っ込んでいく必要もあるのかなとも思ったりするわけです。

損をするからやるって考え方は良くないのかもしれないですが…。

よく言われるのは、残業代をこれまで以上に高くするってやつですね。

まあそもそも残業をつけるななんてブラック企業もあるかもしれませんが…そこは問題外として、残業代を2倍とかにすれば雇用してる側としては早く帰れってなりますよね。

これぞまさに【損するくらいなら…】精神。

じゃあこれ、働いてる側としてはどうでしょう?

もしかしたら残業代2倍になるなら、もっと残業したいって思う人も増えるかもしれません。

うん、これでは全く意味がない。

要するに雇用してる側も働いてる側も同じマインドで、『長時間労働は良くない』って思わないといけないんですよ。

てことはですよ、【損するくらいなら…精神】だけではダメで、結局そんなん無くても定時あがりが普通って世の中の雰囲気を作らないといけないってことですよね。

ぽぽ、考えた

じゃあ私に今何が出来るんだろうかなぁって考えました。

一生懸命考えました。無い頭で考えてなんとなく見つけました。

それは、【父親って楽しいよって伝えること】なんですよね。

パパ・クオータ制とか長時間労働に規制をかけたりとか、制度はもちろん重要。

でもそれだけじゃダメってことも考えてなんとなくわかった。

さっき出した話で言えば、残業代2倍もらうよりも、家に帰って子供や家族と過ごしたほうが楽しくない?って伝えていくことしかないんだよなぁって。

綺麗事かもしれないけど、確かにお金は大事だけど、それはそれで自分のできることはちゃんとやらないといけないけど、今すぐにでも出来ることってのは、『父親って楽しいし、かけがえのない仕事だー!』って叫ぶことなのかなと思った次第です。

まあ叫んだって耳を澄ましても聞こえないくらい小さい声なわけですが、まず聞こえる範囲からね、やっていきますよ。

とかなんだかんだこんなこと言いながら、昨日も子供達にイライラしてたりするわけですけど(笑)。

でもこれからも楽しんでいきたいなぁと思ったわけです。

なんのこっちゃって感じですが。

まあそんな感じで、今回はこのへんで!

この記事が気に入ったら『いいね!』をお願いします。
役立つ情報をお届けします。

Twitter で